日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 男こそアンチエイジング!  > “座りっぱなし”は喫煙と同じくらい危険!?  > 3ページ目
印刷

男こそアンチエイジング!

“座りっぱなし”は喫煙と同じくらい危険!?

2時間に1回は席を立ち、日常生活で歩く機会を増やす

 伊藤和弘=フリーランスライター

早歩きで長寿を目指す

 米国の全国健康栄養調査の結果を解析した研究からは、摂取カロリーが同程度でも、太っている人は座っている時間が長いことも確認された。これを坪田教授は「ニート(NEAT)」という言葉を使って説明する。ニートといっても「働かず、学校にも行っていない若者」ではなく、「Non Exercise Activity Thermogenesis」の略で、「運動以外の日常での活動量」のこと。「歩く機会を増やすなど、日常の中でアクティブに動いてセデンタリーの時間を減らすだけでも肥満を防ぐ効果がある」と坪田教授。

 同じ“歩く”にしても、スピードを上げればより効果が高まる。速く歩くほうがカロリーを消費するのは当然としても、東京都老人総合研究所の研究によると、「歩くスピードが遅い人は速い人に比べて死亡リスクが2.17倍高く、心血管疾患による死亡リスクは3倍高くなる」 (J Am Coll Cardiol.2013 May 14;61(19):1964-72)という。

 もちろん、できればしっかり運動するのがベストだ。

 「運動って30分以上続けないと意味がないんでしょ?」と思われがちだが、そんなことはない。台湾の国家衛生研究院が41万6175人を対象にした調査から、「1日15分」でも大きな効果があることがわかった。

 ウォーキングなど中程度の運動を毎日15分する人は、まったく運動しない人に比べて「病気による死亡率」が14%減り、寿命が3年延びる。さらに1日90分までは、運動時間が15分増えるごとに死亡率が4%ずつ減り、毎日90分運動する人は運動しない人に比べて死亡率が35%も減っていた(Lancet.2011 Oct 1;378(9798):1244-53)。

 忙しくてスポーツクラブに通う時間が取れない人も、1日15分のウォーキングならハードルは低いだろう。2回に分けてもいい。「家から駅まで早歩きで8分なら、その往復だけでも1日16分のウォーキングになる」と坪田教授は話す。

 なお、通勤ウォーキングでは、「いまオレは運動している!」と意識してほしい。面白いことに、意識すると同じ運動でも効果が高まる。ホテルのメイドを2つのグループに分け、一方にだけ「掃除やベッドメイキングも運動です」と教えた。同じ作業をしていたにもかかわらず、そう教えられたグループだけ1カ月後に平均体重が1.5kg減り、血圧や血糖値も下がった(Psychol Sci.2007 Feb;18(2):165-71)という。

 ただのビタミン剤でも、「これをのむと頭痛が治りますよ」と言われると、本当に治ることがある。「プラセボ(偽薬)効果」と呼ばれるが、どうやら運動でも同じような現象が起きるらしい。「その気になる」ことが大切なのだ。

(イラスト/うぬまいちろう)

坪田一男さん
慶應義塾大学医学部眼科学教室 教授
1980年、慶應義塾大学医学部卒業。米ハーバード大学に留学し、角膜クリニカルフェロー修了。2004年から現職。日本抗加齢医学会理事長。ドライアイ研究会世話人代表。著書に『老眼革命』(日本評論社)、『1日6時間座っている人は早死にする!』(ベスト新書)、『アンチエイジング・バトル 最終決着』(朝日新書)など。
日経トレンディネット2015年04月28日付け記事からの転載です。

先頭へ

前へ

3/3 page

座りっぱなし対策
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.