日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 男こそアンチエイジング!  > 「下半身」だけじゃない!“夢と冒険のホルモン”テストステロンのパワーの秘密  > 3ページ目
印刷

男こそアンチエイジング!

「下半身」だけじゃない!“夢と冒険のホルモン”テストステロンのパワーの秘密

手の指の長さで強弱を判定する方法も

 伊藤和弘=フリーランスライター

薬指が長い人はテストステロン値が高い?!

 面白いことに、テストステロン値の傾向は「手の指」を見ればわかる。人差し指と薬指を比べて、人差し指が長い人はテストステロン値が低く、薬指が長い人は高いと考えていい。これは男性でも女性でも変わらない。

 胎児の時期、大量のテストステロンが分泌されると、薬指が長くなるという。この分泌量は大人になってからも基本的には変わらず、薬指が長い人は実際テストステロンの値が高い傾向が確認されている(BJU Int,2012 Jan;109(2):266‐71)。

 したがって、男性には薬指が長い人が多く、女性は人差し指が長い人が多い。「一般に男性よりも女性の方が言語能力が高いが、人差し指が長い人も言語能力が高いと言われる」と堀江教授。昭和の時代、中性的な魅力で一世を風靡した某男性歌手は、薬指よりも人差し指が長かったという。人差し指が長いからといって、落ち込む必要はない。

テストステロン値の低下は肥満にも!

 テストステロンは生活習慣病のリスクにも関係している。テストステロン値が低い人は太りやすく、糖尿病にもなりやすい。45歳以上の男性1849人を対象にしたニューヨーク州立大学の調査から、肥満の男性のテストステロン値は低く、BMI(体格指数)の増加に応じてテストステロンが下がることも確認されている(Diabetes Care June2010 vol.33,no.6,1186-1192)。

 BMIとは「体重(kg)」を「身長(m)×身長(m)」で割った数字で、たとえば170cm、65kgなら「65÷(1.7×1.7)」で22.49。日本では25以上が「肥満」とされる。

 厚生労働省の平成23年国民健康・栄養調査によると、BMIが25以上の女性は30代で12.9%、40代で21.0%、50代で23.1%だったのに対し、男性は30代で32.9%、40代で34.8%、50代で33.4%と軒並み3割越え! 平成5年の調査では各年代とも30%を切っており、この18年で着実に「男が太った」ことがわかる(グラフ参照)。原因のひとつはテストステロン値の低下かもしれない。

BMI25以上の男性の割合(国民健康・栄養調査より)
[画像のクリックで拡大表示]

 どうやらテストステロンの低下は、男らしさ、健康、社会性など、失いたくないものの多くにつながっているようだ。男らしさを失わないため、高いテストステロンをキープするにはどうすればいいのか?それは次回をお楽しみに!

(イラスト:うぬまいちろう)

堀江重郎(ほりえ しげお)さん
順天堂大学医学部泌尿器科学講座 教授
東京大学医学部卒業。東大病院勤務後、米国テキサス州で医師免許取得。2003年に帝京大学医学部泌尿器科学主任教授に就任。12年から順天堂大学医学部・大学院医学研究科教授を兼務。日本泌尿器科学会指導医。日本抗加齢医学会理事。一般向けの著書に『ホルモン力が人生を変える』(小学館101新書)、『ササッとわかる男性機能の不安に答える本』(講談社)など。
日経トレンディネット2013年4月15日付け記事からの転載です。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.