日経Gooday TOP  > からだケア  > 男こそアンチエイジング!  > 恐怖の“ブルドッグほっぺ”はこうすれば防げる!  > 3ページ目

男こそアンチエイジング!

恐怖の“ブルドッグほっぺ”はこうすれば防げる!

紫外線対策、顔の温め、まいうー体操などで“たるみ”を抑える

 伊藤和弘=フリーランスライター

食事・睡眠・禁煙、基本3カ条が重要

4 食事

 ビタミンA、C、Eは抗酸化力が強く、体内の活性酸素を消してくれる働きがある。「特にビタミンCはアミノ酸と結合してコラーゲンになるので積極的にとってほしい。食材ではサケがお薦め。抗酸化力の強い色素成分アスタキサンチンに加え、皮にはコラーゲンが豊富でとても肌にいい」と澤田副院長は話す。また、大豆に含まれるイソフラボンも効果がある。キッコーマンが30~40代の女性26人を対象に行った臨床試験から、1日40mgのイソフラボンを3カ月とるとコラーゲンの生成が促進され、シワの面積が減ることが確認されている(J Nutr Sci Vitaminol.2007 Feb;53(1):57-62)。

5 睡眠

 よく言われるように、夜ふかしは肌の大敵だ。睡眠不足がいけないのはもちろん、「コラーゲンの生成をうながす成長ホルモンは深夜2時ごろ眠っていると出る」と澤田副院長。昼間にいくら眠ってもダメだし、深夜に起きていても成長ホルモンは出ないという。肌だけに限らず、成長ホルモンはアンチエイジングに欠かせない。スムーズに成長ホルモンを分泌させるため、できれば12時までに布団に入るようにしたい。

6 禁煙

 愛煙家には「またかよ」と煙たがられそうだが、「百害あって一利なし」のタバコは肌にもやっぱり悪い。大量に発生する活性酸素によってコラーゲンが壊され、シワやたるみができてしまうのだ。「実際、タバコを吸う人は口の周りにスモーカーズラインと呼ばれるシワが増える」と澤田副院長は指摘する。

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.