日経グッデイ

男こそアンチエイジング!

前立腺がんを医療ロボットで手術すれば男らしさもUPする!?

50歳を過ぎたら一度はPSA検査を受けてみよう

 伊藤和弘=フリーランスライター

年を取ると「男らしさ」は失われていく。残念なことだが、いつまでも若い頃の外見・体力・健康は保てない。それを防ぐにはどうすればいいのか? この連載では第一線で活躍する専門家たちに、「男のアンチエイジング」の最先端を解説してもらう。今回は前回に引き続き「前立腺がん」を解説する。医療ロボットによる手術で、前立腺がんの治療は画期的に進歩したという。

 40代や50代にも急増している前立腺がん。いざ、なってしまったらどうするか? 抗がん剤や放射線による治療も行われているが、現在最も確実な治療法は、がんができた前立腺を手術で摘出してしまうことといわれている。

 ただし前立腺の摘出手術には、男性にとって無視できない“副作用”がある。

[画像のクリックで拡大表示]

 「問題は前立腺が尿道を取り囲んでいる上、周りにタケノコの皮のように勃起神経があること」と、順天堂大学医学部泌尿器科学講座の堀江重郎教授は指摘する。

 そのため、前立腺がんの手術をすると尿道や勃起神経が傷つき、尿が漏れたり、勃起しなくなったりすることが多かった。米国の統計によると、手術から半年後、尿漏れを起こさない人は38%、セックスができる人はわずか8%だったという。ということは、9割はセックスができなくなるわけだ! 

 大切な命には代えられないとはいえ、これまた大切な「ムスコの命」を犠牲にするのは、つらい。

 そんな悩ましい前立腺がんの手術に革命が起きた。ロボット手術「ダ・ヴィンチ」の登場だ。

ロボット手術の登場で起きた革命とは?

 患者を手術するのはダ・ヴィンチというロボット。医師は手術台から離れたコンソールに座り、モニターを見ながら両手両足を使ってダ・ヴィンチを遠隔操作して手術を行う。たとえるなら、人間が動かす「ガンダム」のようなものだ。

[画像のクリックで拡大表示]
米国のIntuitive Surgical社が製造する手術支援ロボット「da Vinci S」

 モニターの映像を拡大することによって、従来では考えられないような細かい作業が可能になった。その結果、尿道や勃起神経を傷つけずに、前立腺だけをきれいに切り取ることができるようになったのだ。

 しかもメスを使う開腹手術ではなく、腹腔鏡で行うため患者の肉体的負担も少なく、手術の翌日には歩けるようになり、1週間程度で退院できるという。

 「ダ・ヴィンチを使えば、約50%の人は術後もセックスが可能。40代や50代といった若い年代であれば、さらに確率は高くなる」と堀江教授は太鼓判を押す。

ダ・ヴィンチの登場で男らしさは保てる!

 ダ・ヴィンチが登場したのは2000年のこと。前立腺がんの手術から始まり、今では胃、腸、腎臓、子宮など、さまざまな臓器の手術に使われるようになっている。

[画像のクリックで拡大表示]

 堀江教授は2011年12月からダ・ヴィンチを使い始めた。(順天堂大学医学部附属順天堂医院でのロボット支援手術の実績)現在、日本には約150台あり、順天堂医院の他、国立がんセンター、聖路加国際病院、東京大学、東京医科大学、帝京大学、杏林大学の各附属病院などで使われているという。ちなみに保険も適用されるので、費用の心配もいらない。

 ところで、前立腺の摘出にはプラスの副作用もある。前立腺を取ると、なぜか血中のテストステロン(主要な男性ホルモン)の数値が上がるのだ。そのため、従来までは手術して性欲が高まったのに、肝心のムスコがウンともスンとも言わなくなるという非劇も多かったという。しかし、ダ・ヴィンチを使えば、セックスも充実するわけだ。

 さらに、前立腺がんの摘出手術を受けた1万8209人を追跡調査した結果、「手術を受けた人は通常よりも長生きする」こともわかった(J Urol.2012;188(3):798-801)。

 「前立腺は謎の多い臓器。年を取ると、なぜか前立腺から悪い物質が出るようになる。老化によって、テストステロンを抑える物質が出るようになるのかもしれない」と堀江教授は話す。

気になったら簡単な検査でチェックを

 他のがんに比べると前立腺がんの死亡率は高くないが、それでもがんであることに変わりはない。いくら画期的な治療法が登場したとはいえ、発見が遅れれば命にかかわることになる(だから性機能を犠牲にしても手術していたわけだ)。前回も触れたように、日本でも2009年以降は毎年1万人以上の人が命を落としている。

[画像のクリックで拡大表示]
2人で同時に操作ができるダ・ヴィンチSiのコンソールに座って操作する堀江教授(右)

 そんな前立腺がんの早期発見に有効なのがPSA(前立腺特異抗原)検査だ。

 PSAとは前立腺から血中に出てくるたんぱく質。前立腺肥大症などでも高くなるが、前立腺がんになると確実に数値が上がる。正常値は1ng/ml以下とされ、「6以上になると、約20%の確率で前立腺がんができている。40代で2以上、50代で3.5以上、60代で4以上は要注意」と堀江教授。

 多くのがんと同じく、自覚症状が表れてから病院に来る人は、すでにかなり進行していることが多い。

 米国では50歳以上の75%がPSA検査を受けているのに対し、日本で受けているのはわずか8%。そのため、手遅れになりやすい。前立腺がんが発見された時点で転移があるケースは米国では3%しかないのに、日本では実に20%もの人に転移があるという。転移があれば、ダ・ヴィンチで前立腺を摘出してもそれでおしまい、とはならない。

 「50歳を過ぎたら一度はPSA検査を受けるべき。数値が高かった場合、年1回受け続けるのが望ましい」と堀江教授はアドバイスする。

 PSA検査は泌尿器科で簡単に受けられる。費用も数百円しかかからないので、50歳を過ぎた人は積極的に受診してもらいたい。

 早期発見さえできれば、前立腺がんは決して不治の病ではないのだから。

(イラスト/うぬまいちろう)

堀江重郎(ほりえ しげお)さん
順天堂大学医学部附属・順天堂医院泌尿器外科 教授
 東京大学医学部卒業。東大病院勤務後、米国テキサス州で医師免許取得。2003年に帝京大学医学部泌尿器科学主任教授に就任。12年から順天堂大学医学 部・大学院医学研究科教授。日本泌尿器科学会指導医。日本抗加齢医学会理事。一般向けの著書に『ホルモン力が人生を変える』(小学館101新書)、『サ サッとわかる男性機能の不安に答える本』(講談社)など。2013年6月『ヤル気が出る! 最強の男性医療』(文芸春秋 文春新書)を出版。
日経トレンディネット2014年2月18日付け記事からの転載です。