日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 男こそアンチエイジング!  > 前立腺がんを医療ロボットで手術すれば男らしさもUPする!?  > 2ページ
印刷

男こそアンチエイジング!

前立腺がんを医療ロボットで手術すれば男らしさもUPする!?

50歳を過ぎたら一度はPSA検査を受けてみよう

 伊藤和弘=フリーランスライター

ロボット手術の登場で起きた革命とは?

 患者を手術するのはダ・ヴィンチというロボット。医師は手術台から離れたコンソールに座り、モニターを見ながら両手両足を使ってダ・ヴィンチを遠隔操作して手術を行う。たとえるなら、人間が動かす「ガンダム」のようなものだ。

[画像のクリックで拡大表示]
米国のIntuitive Surgical社が製造する手術支援ロボット「da Vinci S」

 モニターの映像を拡大することによって、従来では考えられないような細かい作業が可能になった。その結果、尿道や勃起神経を傷つけずに、前立腺だけをきれいに切り取ることができるようになったのだ。

 しかもメスを使う開腹手術ではなく、腹腔鏡で行うため患者の肉体的負担も少なく、手術の翌日には歩けるようになり、1週間程度で退院できるという。

 「ダ・ヴィンチを使えば、約50%の人は術後もセックスが可能。40代や50代といった若い年代であれば、さらに確率は高くなる」と堀江教授は太鼓判を押す。

ダ・ヴィンチの登場で男らしさは保てる!

 ダ・ヴィンチが登場したのは2000年のこと。前立腺がんの手術から始まり、今では胃、腸、腎臓、子宮など、さまざまな臓器の手術に使われるようになっている。

[画像のクリックで拡大表示]

 堀江教授は2011年12月からダ・ヴィンチを使い始めた。(順天堂大学医学部附属順天堂医院でのロボット支援手術の実績)現在、日本には約150台あり、順天堂医院の他、国立がんセンター、聖路加国際病院、東京大学、東京医科大学、帝京大学、杏林大学の各附属病院などで使われているという。ちなみに保険も適用されるので、費用の心配もいらない。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツNEW

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.