日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 男こそアンチエイジング!  > 夏のUVBは冬の5倍! 男だって紫外線対策は重要  > 2ページ目
印刷

男こそアンチエイジング!

夏のUVBは冬の5倍! 男だって紫外線対策は重要

日傘だけに頼らず、日焼け止め活用や抗酸化物質の摂取も

 伊藤和弘=フリーランスライター

紫外線は5分浴びれば大丈夫!

 紫外線の害は肌だけに限らない。昭和の昔、「夏に日に焼いておくと冬に風邪をひかない」などと言われたものだが、これも「日焼けしていると健康そう」という見た目のイメージだけ。実は何の根拠もない俗説に過ぎない。

 むしろ、「紫外線は皮膚の免疫力を下げ、感染症を起こしやすくなることが確認されている。夏にヘルペスが増えるのもそのため」と市橋院長。異物の侵入を感知する表皮のランゲルハンス細胞が、紫外線によって正常に働けなくなるためだ。

 かつて日光浴が体にいいと言われたのも、理由がないわけではない。紫外線のほとんど唯一のメリットは「ビタミンDを作る」(関連記事「日焼け止めで欠乏症に!? ビタミンD不足に注意が必要な理由とは」ことだろう。

 ビタミンDは骨の代謝に欠かせない栄養素。不足すると、骨軟化症(小児期はくる病)、骨粗しょう症、心臓病などを引き起こす。青魚やキノコに含まれているが、表皮にUVBが当たることでも合成される。

 とはいえ、「1日5分も浴びれば、必要なビタミンDは十分作られる。それ以上は害になるだけ」と市橋院長はバッサリ。

 実際、国立環境研究所と東京家政大学が、両手と顔を何分日光に当てれば1日に必要な5.5μg(マイクログラム)のビタミンDが作られるかを調べている。UVBの多い「夏の晴れた日」ならば、沖縄県那覇市で2.9分、茨城県つくば市で3.5分、北海道札幌市でも4.6分という結果だった(J Nutr Sci Vitaminol(Tokyo). 2013;59(4):257-63)。ただでさえ紫外線の強い夏、あえて日光浴をするのはデメリットのほうがずっと大きそうだ。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣NEW

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.