日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 男こそアンチエイジング!  > カラオケは「口の中」から若返れる?
印刷

男こそアンチエイジング!

カラオケは「口の中」から若返れる?

歌で唾液の量が増える! ストレス解消にも効果あり

 伊藤和弘=フリーランスライター

 年を取ると「男らしさ」は失われていく。残念なことだが、いつまでも若い頃の外見・体力・健康は保てない。それを防ぐにはどうすればいいのか? この連載では第一線で活躍する専門家たちに、「男のアンチエイジング」の最先端を解説してもらう。今回のテーマは口の中のアンチエイジング。健康で若々しく過ごす秘訣は“歌う”ことだという研究結果が発表された。どういうことなのかを鶴見大学歯学部病理学講座の斎藤一郎教授に解説してもらう。

 口は全身の中でも老化が表れやすい部分。一般に年を取ると歯周病で歯の本数が減り、唾液の分泌量が減り、かむ力や飲み込む力が衰えていく

 高齢者の死亡原因は肺炎が多いが、日本抗加齢医学会副理事長も務める鶴見大学歯学部の斎藤一郎教授によると、これも口腔機能の老化と関係があるらしい。「普通は細菌が口に入っても、飲み込んで消化している。ところが唾液の分泌が減り、飲み込む力も衰える結果、細菌が肺に入りやすくなってしまう」という。

 中でも問題は「唾液量の減少」だ。健康な人は1日1.5リットルもの唾液を出している

 唾液は単なる水ではない。抗菌成分、消化酵素、たんぱく質の一種である上皮成長因子や神経成長因子などが含まれている。「口の中の傷が治りやすいのも唾液の上皮成長因子のため」と斎藤教授。昭和の昔、ちょっとした傷は「ツバをつけとけば治る!」なんて乱暴なことを言われたものだが、意外に医学的根拠もあったわけだ。

 では唾液が減るとどんなことが起こるのか、斎藤教授に挙げてもらった。

1.口臭が強くなる
 体臭に敏感な現代人にとって、口臭は無視できない問題だろう。2011年に資生堂アメニティグッズが140人に行った調査でも、2013年にブラシナが600人に行った調査でも、「気になる他人の体臭」は口臭がぶっちぎりのトップだった! ちなみに前者の調査では、実に8割以上の人が「気になる」と答えている。

 腸内細菌と同じく、口の中にもたくさんの細菌がいる。唾液が減るとそのバランスが崩れ、「カンジダ菌などの悪玉菌が増え、その死骸の臭いが口臭になる」と斎藤教授は話す。

2.滑舌が悪くなる
 結婚式のスピーチなどで、緊張するとのどが乾く。これは交感神経が優位になって唾液の分泌量が減るため。口の中が乾くとネバネバして不快感があるし、文字通り舌の滑りが悪くなり、なめらかに話すことが難しくなる。カミやすくなるわけだ。

3.虫歯や歯周病のリスクが高くなる
 唾液が減ると虫歯菌や歯周病菌が歯や歯ぐきから洗い流されず、長時間定着しやすくなることで、虫歯や歯周病の進行を早める。

 歯周病は歯が抜ける大きな原因だが、その影響は全身に及ぶ。歯周病菌が血液の中に入ることでHDL(善玉)コレステロールを減らし、動脈硬化を進めるメカニズムも解明されている(PLoS One. 2011; 6(5): e20240)。

4.口角炎を起こしやすくなる
 「口角泡を飛ばす」という言葉もあるように、口の端は唾液がたまりやすい部分。唾液が少なくなると口中のカンジダ菌が増えるため、そこに炎症(口角炎)を起こしやすくなるという。

5.食道や胃にトラブルを起こしやすくなる
 唾液にはアミラーゼという消化酵素が入っているため、分泌量が減るとそれだけ胃に負担がかかるようになる。また、「ムチンというネバネバした成分がとがった食べ物を包み、食道や胃の粘膜を傷つけないようにしている」と斎藤教授。

 胃炎も起こしやすくなる。健康な人は大量に分泌する唾液を無意識に飲み込むことで胃酸を中和しているが、唾液が減ると胃酸過多で胃がダメージを受けてしまうためだ。

 「唾液は糖尿病、ストレス、筋力の低下、服薬などで分泌量が減るが、心身ともに健康な人は年を取っても唾液が減らない。唾液の量は心身の健康度を表している」と斎藤教授は指摘する。実際、唾液の分泌量が多い人は血液中のDHEA(男性ホルモンの一種)の数値も高かったという。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.