日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 男こそアンチエイジング!  > 歯周病、ドライマウスで老化が加速する!?  > 3ページ目
印刷

男こそアンチエイジング!

歯周病、ドライマウスで老化が加速する!?

ブラッシング、ストレス解消など日々の生活改善を

 伊藤和弘=フリーランスライター

毎日のケアで若々しい口元になる

[画像のクリックで拡大表示]

 唾液の分泌量を増やし、歯周病や口臭を防ぎ、いつまでも清潔で若々しい口元をキープするにはどうしたらいいのだろう? 斎藤教授に対策を聞いた。

1・ブラッシングとクリーニング
 基本は毎日の歯磨き。ブラッシングによって歯垢を取り除き、歯ぐきの血行を良くする。さらに、「半年に一回は歯科医院に行き、プロにクリーニングしてもらうことが大切」と斎藤教授はアドバイスする。「歯周病」の進行具合もチェックしてもらうといいだろう。

2・ストレスを溜めない
 ストレスはドライマウスの大きな原因となっている。ストレスが強いと交感神経が優位になって唾液の分泌量が減り、リラックスすると副交感神経が優位になって分泌量が増える。身体に負担をかけない方法で、上手にストレスを解消しよう。

3・よく咬む
 食事はよく咬むことが大切。「咬む力が衰えると唾液の分泌量が減る。よく咬むことで唾液もたくさん出る」と斎藤教授。ゆっくり咬んで食べると少ない量でも満腹感があるので、肥満の予防にもつながる。シュガーレスのガムを愛用するのもいい。

4・タバコを控える
 タバコは口臭が強くなるだけでなく、歯周病にもなりやすくなる。1万2329人を対象にした米国の調査によると、タバコを吸わない人に比べて1日20本吸う人は4.72倍、31本以上吸う人は5.88倍も歯周病になるリスクが高まる(J Periodontol. 2000 May; 71(5):  743-51)。ニコチンが歯ぐきの血行を悪くし、タールによって歯垢が落ちにくくなるためと言われる。禁煙がベストだが、どうしてもやめられない人は本数を減らす努力を。

5・むやみに薬に頼らない
 医薬品の副作用でドライマウスが起こることも多い。「日本の医薬品の使用量は欧米の40倍とも言われるが、降圧剤、睡眠薬、抗アレルギー薬、抗うつ剤など、多くの薬に唾液の分泌を抑える作用がある」と斎藤教授。ちょっと調子が悪いから、と安易に薬に頼るのも考えものだ。

6・人と会っておしゃべりをする
 口の周りの筋肉を鍛えると唾液腺も活性化し、唾液の分泌量が増える。そのためには積極的に人と会うことも効果的だ。人と会話を交わし、口角を上げて笑うことで、自然に口の周りの筋肉が鍛えられる。

 毎日、少し気にかければ行えることがほとんど。早速実践して見た目も口元、ニオイまで若々しく過ごしたいものだ。

(イラスト/うぬまいちろう)

斎藤一郎(さいとう いちろう)
鶴見大学歯学部病理学講座 教授
 松本歯科大学卒業。米スクリプス研究所研究員、東京医科歯科大学難治疾患研究所助教授、徳島大学医学部助教授を経て、02年から現職。08~12年まで鶴見大学附属病院院長も務めた。ドライマウス研究会代表。日本抗加齢医学会理事。著書に『「現代病」ドライマウスを治す』(講談社プラスアルファ新書)、『「食べる力」を鍛えてピンピン元気――健康長寿の秘訣とその実践法』(東洋経済新報社)など。
日経トレンディネット2013年12月19日付け記事からの転載です。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.