日経Gooday TOP  > からだケア  > 男こそアンチエイジング!  > 男性ホルモンで認知症を抑制!?  > 4ページ目

男こそアンチエイジング!

男性ホルモンで認知症を抑制!?

バランスのいい食事と運動、知的な趣味を楽しもう

 伊藤和弘=フリーランスライター

 もともとアルツハイマー病は女性のほうがなりやすく、三村教授によると「患者の男女比は女性が倍近く多い」という。男性がなりにくいのは、もしかするとテストステロンのおかげなのかもしれない。

 なぜテストステロンが認知症を防ぐのか、そのメカニズムはまだはっきりしない。ただ、これまでの研究から、テストステロンに「アミロイドの蓄積を抑える」作用があることは分かっている(Brain Res Rev.2008 March;57(2):444-53)。

 一般に年を取るとテストステロンの分泌は少なくなるが、個人差はとても大きい。

 「発展途上国の男性は年を取ってもテストステロン値が下がらない。先進国よりもストレスが少ないせいかもしれない」と堀江教授。強いストレスを感じると、脳の視床下部からCRFというホルモンが出て、テストステロンの生産にブレーキをかけるという。

 ほかにも、睡眠、食事、運動といった生活習慣によって、テストステロンの分泌量は大きく変わる。詳しく知りたい方は本連載の過去記事「男性ホルモンはこうすればガンガン出る!」を参考にしていただきたい。

(イラスト:うぬまいちろう)

三村將(みむら まさる)さん
慶應義塾大学医学部 精神・神経科学教室 教授
慶應義塾大学医学部卒業。同大医学部助手、ボストン大学医学部研究員、東京歯科大学市川総合病院精神神経科専任講師、昭和大学医学部精神医学教室助教授を経て、2011年から現職。監修書に『認知症と見分けにくい「老年期うつ病」がよくわかる本』(講談社)、共著に『認知症の「みかた」』(医学書院)、『精神科研修ノート』(診断と治療社)など。
堀江重郎(ほりえ しげお)さん
順天堂大学医学部附属・順天堂医院泌尿器外科 教授
東京大学医学部卒業。東大病院勤務後、米国テキサス州で医師免許取得。2003年に帝京大学医学部泌尿器科学主任教授に就任。12年から順天堂大学医学 部・大学院医学研究科教授。日本泌尿器科学会指導医。日本抗加齢医学会理事。一般向けの著書に『ホルモン力が人生を変える』(小学館101新書)、『サ サッとわかる男性機能の不安に答える本』(講談社)など。2013年6月『ヤル気が出る! 最強の男性医療』(文芸春秋 文春新書)を出版。
日経トレンディネット2013年11月18日付け記事からの転載です。

先頭へ

前へ

4/4 page

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.