日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 男こそアンチエイジング!  > 男性ホルモンで認知症を抑制!?
印刷

男こそアンチエイジング!

男性ホルモンで認知症を抑制!?

バランスのいい食事と運動、知的な趣味を楽しもう

 伊藤和弘=フリーランスライター

年を重ねるごとに失われていく「男らしさ」。いつまでも若いころの外見・体力・健康は保てない。それを防ぐにはどうすればいいのか? 第一線で活躍する専門家たちに「男のアンチエイジング」の最先端を解説してもらう。今回は、認知症について、慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室の三村將教授に解説してもらう。

 年を取ると、生活習慣病をはじめ、いろいろな病気にかかりやすくなる。中でも特に怖いのは認知症。妻や子どもなど、愛する家族の顔さえわからなくなることがあるなんて、考えただけでもゾッとする。

 テレビで見た俳優の名前がとっさに思い出せないなど、いわゆる「度忘れ」は多かれ少なかれ誰もが経験することだろう。体力と同じように、年を取れば記憶力も衰える。それだけに留まらず、「認知機能の低下によって日常生活に支障が現れてくる状態を認知症と呼ぶ」と、慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室の三村將教授は定義する。

 例えば、2時間前に食べたはずの昼食の記憶がない、空間認知力が落ちて、知っているはずの道で迷子になる、問題解決能力が落ちてカレーライスの作り方が分からなくなる、といった状態だ。現在、国内の認知症患者は400万人以上と推定されている。

 認知症にはさまざまな種類がある。最も知られていて、認知症の半分以上を占めるのが「アルツハイマー病」。これは脳にアミロイドやタウといった異常たんぱく質がたまった結果、脳の神経細胞が急速に減っていく病気だ。ほかに脳の血管が詰まることで起こる「脳血管性認知症」や「レビー小体型認知症」、「前頭側頭葉変性症」などがある。

 ひと口に「日常生活に支障」といっても、どのレベルからそう感じるかは人によって違うだろう。そこで認知症かどうかを判断する客観的指標として、下の「改訂 長谷川式簡易知能評価スケール」などが使われている。気になる方は、ぜひ試していただきたい。

改訂 長谷川式簡易知能評価スケール
[画像のクリックで拡大表示]
9項目の設問で構成された簡易知能評価スケール。 30点満点中20点以下だと“認知症疑い”の目安として医療機関で使用されている

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.