日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 男こそアンチエイジング!  > シミやシワで老け顔に! たるみの原因は赤外線?  > 3ページ目
印刷

男こそアンチエイジング!

シミやシワで老け顔に! たるみの原因は赤外線?

肌トラブルに悩む中高年男性が増加傾向に

 伊藤和弘=フリーランスライター

たるみの原因は近赤外線!

 近赤外線は紫外線と同じく日光に含まれる電磁波。紫外線と逆に、可視光線より波長が長いのが赤外線だが、そのなかでも波長が短く可視光線に近いものが近赤外線。「この近赤外線は紫外線よりも皮膚の奥、筋肉にまで届くことがわかってきた。それによって筋肉を覆う筋膜が変性し、皮膚を支えられなくなるとたるんでくる」と川島教授は説明する。

 これからは紫外線だけでなく、近赤外線対策も考えなければいけないわけだ。実際、近赤外線を防ぐ成分の入った日焼け止めも少しずつ出てきているという。

 紫外線と近赤外線を防ぐには、まず肌を直射日光に当てないこと。特に髪がさびしい人は晴れた日には帽子をお忘れなく! ゴルフやスキーなどアウトドアのスポーツを楽しむときは、医薬部外品の日焼け止め美白化粧品でカバーしよう。

 シミの予防・治療にはビタミンCのサプリメントも有効だ。黒いメラニンを還元して色を薄くする美白作用があり、皮膚科でも1日600~1200mgほど処方される。

 皮膚科ではシミやシワに対してどんな治療をするのか、主なものを見てみよう。なお、これらの治療は原則的に保険が利かないので悪しからず。

1.レーザー治療
 シミに対しては、メラニンを破壊する働きを持つアレキサンドライトレーザーやルビーレーザーを使うのが一般的だ。「レーザーを当てた後はカサブタになり、1週間から10日ほどできれいになる」と川島教授。料金は直径1cmのシミで2万円程度。レーザーよりもエネルギーが弱いが、いろいろな波長の光を出す「フォトフェイシャル」(光治療)という治療法もある。

ルビーレーザー治療前(写真左)と治療後(写真右) 写真提供/川島眞教授

2.炭酸ガスレーザー治療
 盛り上がったイボは通常のレーザーでは治らないので、強力な炭酸ガスレーザーで削り取る。これは局所麻酔をした上で、盛り上がった細胞を熱で焼き切ってしまうというもの。シミが悪化したイボの他、首などにいくつもできる小さなイボもきれいに取れる。

炭酸ガスレーザーの治療前(写真左)と治療後(写真右) 写真提供/川島眞教授

3.ボトックス注射
 目尻、眉間、額のシワなどは「表情ジワ」と呼ばれる。要するに、顔の筋肉を動かすことでできてしまうシワだ。これにはボトックス注射がよく効く。ボトックスとはボツリヌス菌が作り出す毒素で、筋肉の収縮を抑える働きがある。5万~8万円くらいかかるが、1回の注射で半年ほど効果が続くという。ちなみに、ボトックスは脇の汗に悩んでいる人にもお薦め。「脇の下に打つと汗が出なくなり、夏になっても汗染みができず快適に過ごせる。私も毎年打っている」と川島教授は話す。

4.ヒアルロン酸注射
 ほうれい線やたるみにはヒアルロン酸の注射がいい。ヒアルロン酸は真皮にある成分で、加齢や紫外線によって減ってくる。それを注射で補うわけだ。深いシワに対して、ボトックス注射に加えられることもある。効果はボトックスよりも長く、1回の注射で1年近く続くという。

 最後に、シミとシワ以上に多くの男性が悩んでいた「乾燥」についてお伝えしよう。

 かゆみなど、不快な症状が起こるだけではない。乾燥によって小ジワができるし、肌の滑らかさが失われて老けて見える。アンチエイジングのためにも、保湿剤などを使った「保湿」がスキンケアの基本だ。「空気が乾燥している時は加湿器も有効。また、熱い風呂に長く入ると、皮脂が落ちて乾燥が進むので気をつけてほしい」と川島教授は注意する。

(イラスト/うぬまいちろう)

川島眞さん
東京女子医科大学皮膚科学教室 主任教授
1978年、東京大学医学部卒業。パスツール研究所(仏)に留学後、東京大学医学部皮膚科講師、東京女子医科大学皮膚科助教授を経て、92年より現職。東京女子医科大学病院皮膚科とメンズヘルスクリニック東京の男性皮膚専門外来にて男性美容を担当している。日本皮膚科学会代議員。日本美容皮膚科学会理事長。著書に『皮膚に聴く からだとこころ』(PHP新書)、『化粧品を正しく使えばあなたはもっとキレイになる』(幻冬舎)など。
日経トレンディネット2014年11月12日付け記事からの転載です。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツ

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.