日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 男こそアンチエイジング!  > 喫煙者は人一倍健康に気を遣う? 喫煙者のアンチエイジング法とは  > 3ページ目
印刷

男こそアンチエイジング!

喫煙者は人一倍健康に気を遣う? 喫煙者のアンチエイジング法とは

食事改善に加え、ED薬の服用という“裏技”も

 伊藤和弘=フリーランスライター

活性酸素を消す裏技がある!

 タバコの害を抑える最大のポイントは、大量に発生する活性酸素を消すことだ。

 基本は食事。摂取カロリーと活性酸素の発生量は比例するので、食べすぎはいけない。血糖値を急に上げないように、最初に食物繊維の多い野菜から食べ、ご飯など炭水化物は後から食べるようにする。

 活性酸素を消してくれる抗酸化作用の強い果物や野菜をたくさん取ることも大切だ。「特定の食材に頼るのではなく、いろいろな種類を取るべき。季節に合った旬の野菜や果物がいい」と堀江教授。女子の間ではやっている「スムージー」(凍らせた野菜や果物をミキサーにかけたシャーベット状のジュース)を毎朝飲むのもいいだろう。

 堀江教授は、漢方薬の「補中益気湯」(ほちゅうえっきとう)や、バイアグラ、シアリスといったED薬(PDE5阻害薬)も薦める。あまり知られていないが、これらは極めて強い抗酸化作用を持っているという。「裏技ですよ」と堀江教授。

 「ヘビースモーカーは血管や精巣がダメージを受けるため、40代になると勃起力が落ちてくる。まだ問題がない人も、早めに飲んでおいたほうがいい。ED薬は泌尿器科へ行って、最近勃起しにくいので、と伝えれば処方してもらえるはず」(堀江教授)

 もちろん、健康診断はまめに受けること。喫煙者がなりやすい膀胱がんは、他のがん以上に早期発見が大切になる。特に注意すべきは“血尿”だ。「喫煙者で尿に血が混じっていた場合、2割は膀胱がんと言われる」と堀江教授。すぐに病院(泌尿器科)へ行こう。

 なお、受動喫煙(自分は吸わなくても親しい家族が吸う)でもがんのリスクが高まる。タバコを吸わない人に副流煙を吸わせないように、くれぐれも注意してほしい。

喫煙者のアンチエイジング方法
1. 食事は最初に食物繊維の多い野菜から食べ、炭水化物は後から食べる。
2. 旬の野菜や果物を毎日、できれば多種類取る。
3. 健康診断はまめに受けるようにする。
4. 尿に血が混じっていたら、ただちに泌尿器科へ行く。
5. 禁煙する時は少しずつ本数を減らし、運動も合わせて行っていく。

(イラスト/うぬまいちろう)
堀江重郎(ほりえ しげお)さん
順天堂大学医学部附属・順天堂医院泌尿器外科 教授
 東京大学医学部卒業。東大病院勤務後、米国テキサス州で医師免許取得。2003年に帝京大学医学部泌尿器科学主任教授に就任。12年から順天堂大学医学 部・大学院医学研究科教授。日本泌尿器科学会指導医。日本抗加齢医学会理事。一般向けの著書に『ホルモン力が人生を変える』(小学館101新書)、『ササッとわかる男性機能の不安に答える本』(講談社)など。2013年6月『ヤル気が出る! 最強の男性医療』(文芸春秋 文春新書)を出版。
日経トレンディネット2013年9月13日付け記事からの転載です。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.