日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 男こそアンチエイジング!  > 辛いカレーで憂うつな春を乗り切る! クルクミンはアンチエイジングの救世主!?  > 3ページ目
印刷

男こそアンチエイジング!

辛いカレーで憂うつな春を乗り切る! クルクミンはアンチエイジングの救世主!?

ウコンに含まれるクルクミンの嬉しい効果とは

 伊藤和弘=フリーランスライター

気分が落ち込んだら辛~いカレーを食べよう!

 まだある。クルクミンは脳にも効くのだ。

 「ウコンは漢字で鬱金と書きますが、これは漢方薬で抗うつ剤として使われていたため。また、カレーをよく食べるインドではアルツハイマー病の発症率が米国の4分の1しかないことから、アルツハイマー病に対する効果も研究されています」と、高吸収型クルクミンを使ったサプリメント「キョークルミン」を販売する杏林製薬ヘルスケア事業部の大熊喜久子 NR・サプリメントアドバイザーは話す。

 実際、クルクミンは脳内のセロトニンを増やす抗うつ作用がある(Psychopharmacology(Berl).2008 Dec;201(3):435-42)。脳のBDNF(神経細胞を育てる神経栄養因子)を増やすことでうつ病を治すともいわれる。一方、アルツハイマー病は脳にアミロイドβというたんぱく質がたまることで起こるが、クルクミンにはこのアミロイドβを分解する作用がある(J Pharmacol Exp Ther.2008 Jul;326(1):196-208)。

高吸収型クルクミンを使ったサプリメント「キョークルミン」30粒入り5184円(杏林製薬)
高吸収型クルクミンを使ったサプリメント「キョークルミン」30粒入り5184円(杏林製薬)

 こう並べてみると、クルクミンは万能薬的な側面がある! その最大の理由は「強い抗炎症作用にある」と堀江教授は説明する。

 「NF-kBという炎症を引き起こす生理活性物質があるが、クルクミンはこの働きを抑えることで体内の炎症を抑える。心筋梗塞、がん、アルツハイマーなど、すべてが炎症に関係しており、炎症から引き起こされる病気。さらにクルクミンは抗酸化力も強く、体の酸化ストレスを抑えてくれることでもアンチエイジングに役立つ」(堀江教授)

 筋肉疲労に効くという報告もあるが、これもクルクミンが筋肉の炎症を抑えてくれるため。万病のもととなっている炎症を抑えることで、クルクミンはたくさんの病気に効果を発揮する可能性があるわけだ。

 なお、ウコンには鉄が多く含まれているので大量にとると害があるが、クルクミン自体は安全性が高く、少々とりすぎても危険はないとされている。

 食事からクルクミンをとろうと思ったら、手っ取り早いのはカレーライスだろう。「クルクミンは吸収されにくいのが欠点。しかし、カレーのようにスパイシーなものを食べると血流が良くなって、腸から吸収されやすくなる。カレーはなるべく辛いものを食べたほうがいい」と堀江教授はアドバイスする。

 ただし、カレーライス1杯に入っているクルクミンは5~10mg程度しか含まれない。効果を期待できる量をとるには、サプリメントのほうがいいだろう。サプリメントでは30mg程度を一日目安量にしているものが目立つ。

 年度末を迎え、異動も多くなる季節。歓迎会や送別会などお酒を飲む機会も増え、慣れない仕事や人間関係もあって体調を崩しやすくなってくる。辛~いカレーやサプリメントで、積極的にクルクミンを補充しよう!

(イラスト/うぬまいちろう)

堀江重郎さん
順天堂大学医学部泌尿器科学講座 教授
1985年、東京大学医学部卒業。米国テキサス州で医師免許取得。東大医学部講師、杏林大学医学部助教授、帝京大学医学部泌尿器科学主任教授を経て、2012年から順天堂大学医学部・大学院医学研究科教授。日本抗加齢医学会理事。著書に『ホルモン力が人生を変える』(小学館101新書)、『ヤル気が出る! 最強の男性医療』(文春新書)など。
日経トレンディネット2015年03月12日付け記事からの転載です。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.