日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 男こそアンチエイジング!  > AGA、EDから妊活まで、男の悩みに応える“メンズヘルス医院”とは?
印刷

男こそアンチエイジング!

AGA、EDから妊活まで、男の悩みに応える“メンズヘルス医院”とは?

男らしさのバロメーター、テストステロン値の測定も可能

 伊藤和弘=フリーランスライター

年を取ると「男らしさ」は失われていく。残念なことだが、いつまでも若い頃の外見・体力・健康は保てない。それを防ぐにはどうすればいいのか? この連載では第一線で活躍する専門家たちに、「男のアンチエイジング」の最先端を解説してもらう。今回から2回にわたって、2014年に設立された日本初の男性専門クリニックをリポート、そして「男性力ドック」なるものを体験する。男性専門クリニック「メンズヘルスクリニック東京」は、男性医療をどのように変えているのか?

 男女平等が進んだ先進国ジャパンで、最近気になるのが「男性差別」ともとれる事柄。部下を励まそうとして、「男でしょ!」なんてセクハラ発言を連発する女性上司は後を絶たないし、映画館やレストランで「レディースデー」はあっても「メンズデー」は滅多に見かけない。電車に女性専用車両はあるが、男性専用車両はない。医療機関も同じく、婦人科などの女性専用はあっても、男性専用は存在しなかった。

 そうしたなかで、JR東京駅八重洲南口から徒歩3分と、まさに東京のど真ん中に「メンズヘルスクリニック東京」が開業したのは2014年のことだ。

メンズヘルスクリニック東京
[画像のクリックで拡大表示]

 これまでも帝京大学医学部附属病院(東京都板橋区)や聖路加国際病院(東京都中央区)をはじめ、男性専用の「メンズヘルス外来」を設けるところはあった。が、全体が「男性専用のクリニック」というのは日本初だった。

 院長を務める小林一広医師はもともと精神科医。皮膚科や形成外科の仲間とともに、頭髪治療専門の城西クリニックを立ち上げたのは1999年のことだった。「抜け毛が不安でいても立ってもいられない、周りの人が自分の髪の噂をしているという被害妄想を抱くなど、髪にかかわる精神科の疾患は決して少なくない。メンタルケアを行う精神科医も必要だろうと考えた」と小林院長は振り返る。

メンズヘルスクリニック東京、小林一広院長

 日本抗加齢医学会もまだなく、「アンチエイジング」という言葉が使われ始めた頃だ。ニーズの多いAGA(男性型脱毛症)からスタートしたが、いずれアンチエイジング全般を診るクリニックを立ち上げたい、という思いは当初からあったという。

 開院当初、患者は20~30代が多かった。若者にとってAGAは深刻だが、年を取れば「仲間」も増え、諦めもついてくるのが自然だろう。ところが徐々に、50~60代といった高齢の患者が増えてきた。

 「若い人は薬を飲んで髪が生えてきても人に言わないけど、中高年の人たちは喜々として仲間に話すので、口コミで患者さんが広がってきた。髪が生えてくると、今まで気にしていなかった肌のシミやシワも気になってきます。お腹を引っ込めればもっとカッコよくなるんじゃないかとジムに通うようになったり、ファッションに気をつかうようになったりする。男らしさ、若々しさを取り戻したくなれば、ホルモン補充療法という話も出てくるでしょう。髪の改善から生まれる経済効果はすごく大きい。まさに“髪ノミクス”ですよ」と小林院長は朗らかに笑う。

 札幌医科大学の熊本悦明名誉教授や順天堂大学医学部の堀江重郎教授との出会いもあり、2010年から「男性更年期専門外来」も始めた。さらに、「シミやシワを取りたい」という肌に関する診療、男性の不妊治療などを行う体制も整い、晴れてメンズヘルスクリニック東京をオープンすることになったわけだ。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策NEW

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.