日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 男こそアンチエイジング!  > 男なら知っておきたい! 実は命にかかわる「LOH症候群」ってなに?  > 3ページ目
印刷

男こそアンチエイジング!

男なら知っておきたい! 実は命にかかわる「LOH症候群」ってなに?

意欲減退に加え、脳疾患、心筋梗塞、がんのリスクも向上

 伊藤和弘=フリーランスライター

ストレスはテストステロンの大敵

 重症のLOH症候群患者には注射によるホルモン補充療法があるが、これが行われるのは3割程度という。残りは「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」などの漢方薬、バイアグラなどのPDE5阻害薬、食事療法などで対処する。

 AMS質問票で「軽度」だった人はあわてて病院に行く必要はない。とはいえ、テストステロンが下がっているのは確か。生活習慣を改善して、テストステロンの分泌を高めるようにがんばってもらいたい。

 テストステロンが下がるのはさまざまな原因がある。老化による精巣(睾丸)の衰えは仕方ないとして、気をつけてほしいのはストレスだ。

[画像のクリックで拡大表示]

 「強いストレスを感じると、脳の視床下部からCRFというホルモンが出て、精巣がテストステロンを作るのを抑える」と堀江教授。「ストレスで立たなくなる」というのは決して気のせいではないわけだ。深酒やタバコなど肉体に負担をかける方法は避けて、上手にストレスを解消する方法をマスターしよう。

 ストレスの他にも、睡眠、食事、運動といった生活習慣によって、テストステロンの分泌量は大きく変わる。詳しく知りたい人は連載第2回「男性ホルモンはこうすればガンガン出る!」を参考にしてほしい。

 テストステロンをキープするには、「自分の居場所」を確保することも大切だ。テストステロンは、社会に自分を押し出すホルモン。定年を迎え、社会に居場所を失うことで一気にLOH症候群になってしまう人も多いという。特に仕事一筋の男性は要注意だ。「定年は男性にとって大きな危機。40代くらいから本格的な趣味を探し、定年後に備えてほしい」と堀江教授はアドバイスする。

(イラスト/うぬまいちろう)

堀江重郎(ほりえ しげお)さん
順天堂大学医学部附属・順天堂医院泌尿器外科 教授
 東京大学医学部卒業。東大病院勤務後、米国テキサス州で医師免許取得。2003年に帝京大学医学部泌尿器科学主任教授に就任。12年から順天堂大学医学 部・大学院医学研究科教授。日本泌尿器科学会指導医。日本抗加齢医学会理事。一般向けの著書に『ホルモン力が人生を変える』(小学館101新書)、『サ サッとわかる男性機能の不安に答える本』(講談社)など。2013年6月『ヤル気が出る! 最強の男性医療』(文芸春秋 文春新書)を出版。
日経トレンディネット2013年8月21日付け記事からの転載です。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.