日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 男こそアンチエイジング!  > カロリーも油も気にしない!? メタボ予防食「ロカボ」は画期的な食事法か?
印刷

男こそアンチエイジング!

カロリーも油も気にしない!? メタボ予防食「ロカボ」は画期的な食事法か?

ご飯やパンを半分から3分の1に減らすのが基本

 伊藤和弘=フリーランスライター

年を取ると「男らしさ」は失われていく。残念なことだが、いつまでも若い頃の外見・体力・健康は保てない。それを防ぐにはどうすればいいのか? この連載では第一線で活躍する専門家たちに、「男のアンチエイジング」の最先端を解説してもらう。今回のテーマは、昨年からブームになっている「ロカボ」。メタボリックシンドローム予防食事法のひとつとして話題になっている糖質を制限するもの。「カロリーも油も気にする必要はない」と提案する北里大学北里研究所病院糖尿病センターの山田悟センター長にその理由を解説してもらう。

 新年や年度初めは、新しいことを始める好機。ダイエットに挑戦しようと決意している人も多いだろう。

 メタボリックシンドロームは決して侮れない。肥満、高血糖、高血圧、脂質異常の4因子のうち、1つ持っているだけでも心疾患の発症リスクは5.1倍に、3つ持っていれば実に35.8倍も高くなる。身体の老化も進み、糖尿病になると寿命が10歳以上も縮むという。

 メタボや肥満を防ぐには食事と運動だ。カロリーや栄養バランスに注意し、食べすぎないように気をつけるのは現代人の常識といえる。

 そんな中、「カロリーも油も気にする必要はない。肉や揚げ物をお腹いっぱい食べてもいいのだ!」と公言する糖尿病専門医が現れた。常識をくつがえす食事法「ロカボ」について書かれた『糖質制限の真実』(幻冬舎新書)は、2015年11月の発売から2カ月で10万部を突破するベストセラーになっている。

 いったい、ロカボとは何なのか? いくら食べてもいいってマジで? 早速、著者を訪ねてみよう。

 「自由主義社会において、人の行動に制約をかけるのは基本的に良くない。はっきりとメリットが得られるかどうかわからないときの制限は“悪”だと思う」。著者である北里大学北里研究所病院(東京都港区)糖尿病センターの山田悟センター長は、社会変革を志す革命家のように話し始めた。

制限しなくてもカロリーは自然に抑えられる?

 ロカボとは従来の「ローカーボ」(糖質制限)から派生した造語で、「ゆるやかな糖質制限」という意味だ。ご飯やパンを一切口にしない極端な「糖質抜き」ではなく、糖質の摂取量を減らす。その定義は「1食の糖質を20~40g、間食も入れて1日70~130gに抑える」だけ。たんぱく質や脂質はいくらとってもいいし、カロリーを気にせずお腹いっぱい食べても構わないというのだ。

 「意識しなくても満腹中枢による制限は絶対にかかる」と山田センター長は説明する。確かに、いくらカロリー無制限といっても、ご飯を食べずに、肉や魚を延々と食べ続けるのは、一般的な日本人には難しいかもしれない。

 実際、山田センター長らが行った実験によると、従来のカロリー制限食が1日1600kcalなのに対し、カロリー無制限のロカボを実践した人たちの平均摂取カロリーは1700kcal程度。日本人の平均摂取量とされる2000kcalに届かなかった。自然とカロリーも抑えられるロカボは「カロリーを意識させないカロリー制限食とも呼べる」と山田センター長は話す。

 いくら平均が1700kcalでも、「無制限」といえば3000kcalくらい食べてしまう人も中にはいるのではないだろうか? しかし山田センター長によると、そもそも最新の栄養学ではカロリー制限そのものが否定されつつあるという。

 初めてカロリー制限の効果が疑われたのは、2008年に発表された「ダイレクト試験」だった。肥満に悩む322人を3つのグループに分け、「カロリーと油を控える」従来のカロリー制限食、「カロリーを控えて油(オリーブオイル等)はとる」地中海食、「カロリー無制限で糖質だけを1日120g以内に抑える」糖質制限食という3種類の食事療法のダイエット効果を調べたものだ(N Engl J Med. 2008 Jul 17;359(3):229-41)。

 その結果、なんと「お腹いっぱい食べていた」糖質制限食が最もダイエット効果が高いことがわかった!

 カロリー制限はきちんと実行すれば確かに体重が減る。しかし体脂肪だけでなく、筋肉や骨密度も減ってしまう欠点があり、筋肉が減って基礎代謝が落ちるためリバウンドしやすくなる。それに何といっても、長期間続けるのがつらい。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策NEW

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.