日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 旬の食材 ヘルシーレシピ  > 調味料なしでもうまみを感じる 納豆とタラコのチャーハン
印刷

旬の食材 ヘルシーレシピ

調味料なしでもうまみを感じる 納豆とタラコのチャーハン

今月の食材 「納豆」

納豆とタラコのチャーハン

  • 調理時間 10分
  • 1人分 515kcal
  • 塩分 1.4g
材料(2人分)
  • 納豆(小粒) …… 2パック(100g)
  • タラコ …… 60g
  • ニラ …… 1/2束
  • アーモンド …… 30g
  • ご飯 …… 200g
  • ゴマ油 …… 大さじ2
作り方
  • (1) ボウルにご飯を入れ、ほぐしたタラコを加えて混ぜる。さらに納豆、小口切りのニラを加えてよく混ぜる。
  • (2) フライパンにゴマ油を温めて1を入れ、全体がパラリとしてタラコのプチプチ感が出る程度に炒める。
  • (3) 器に盛りつけ、仕上げにスライスアーモンドか刻んだアーモンドを散らす。
ポイント

 調味料なしでもしっかりうまみを感じるチャーハン。パラパラ、でもモチモチの食感が後を引く。「砕いたアーモンドにすれば、さらに食感の違いを楽しめます」(成沢さん)。

タラコをご飯に混ぜてから納豆を入れる
 タラコと納豆をまんべんなくご飯に混ぜるには、最初にタラコとご飯を混ぜておき、次に納豆を入れる。


(写真:鈴木正美/レシピ考案・料理:成沢正胡)

成沢正胡
料理研究家
和の懐石をメーンにした料理教室「うらら」を主宰。

出典:日経ヘルス2014年11月号

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値NEW

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.