日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 旬の食材 ヘルシーレシピ  > モロヘイヤ丼
印刷

旬の食材 ヘルシーレシピ

モロヘイヤ丼

今月の食材「モロヘイヤ」

 近年、夏の店頭でよく見かけるようになった「モロヘイヤ」。実は栄養価が高く、高温・乾燥地帯でも育つ、生命力の強い野菜だ。モロヘイヤに含まれるムチンは胃や腸の粘膜を保護し、血糖値の上昇をゆるやかにする働きがある。また、モロヘイヤは、緑黄色野菜の中でも、βカロテンの含有量がトップクラスなうえ、近年は抗メタボ対策としても注目を集めている(モロヘイヤの健康効果に関しては、「抗メタボ効果で注目!最強の抗酸化野菜 モロヘイヤの食べ方」を参照してください)。モロヘイヤの健康効果を生かすレシピを紹介しよう。

モロヘイヤ丼

  • 調理時間 5分
  • 1人分 564kcal
  • 塩分 1.5g
材料(2人分)
  • モロヘイヤ……100g
  • A
    納豆 … …2パック
    納豆の付属のタレ …… 2袋
    長芋 …… 8cm(200g)
    万能ネギ …… 3本(30g)
    卵黄 …… 2個分
    ご飯 …… 茶碗2杯分(300g)
    醤油 …… 適宜
    種を除いた梅干し …… 大1個
作り方
  • (1) 塩ゆでしたモロヘイヤは細かく刻む。納豆はよく混ぜてから付属のタレを加える。長芋は1cmの角切り、万能ネギは小口薄切り、卵は卵黄と白身に分け、梅干しは種を取り除いておく。
  • (2) 丼にご飯を盛り、(1)のモロヘイヤ、納豆、長芋、万能ネギ、卵黄、梅干しをのせる。醤油をかけて混ぜながら食べる。
ポイント

 モロヘイヤをゆでる以外、火は使わないので簡単。卵黄でたんぱく質もとれて、梅干しのクエン酸で、夏バテ防止効果も期待できる。


(写真:鈴木正美/レシピ考案・料理:藤井 恵)

藤井 恵
料理研究家
管理栄養士。手軽でおいしい家庭料理に定評があり、書籍も多数。現在「キユーピー3分クッキング」にレギュラー出演中。

出典:日経ヘルス2015年9月号

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.