日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 旬の食材 ヘルシーレシピ  > 冷しゃぶ モロヘイヤソース

旬の食材 ヘルシーレシピ

冷しゃぶ モロヘイヤソース

今月の食材「モロヘイヤ」

 近年、夏の店頭でよく見かけるようになった「モロヘイヤ」。実は栄養価が高く、高温・乾燥地帯でも育つ、生命力の強い野菜だ。モロヘイヤに含まれるムチンは胃や腸の粘膜を保護し、血糖値の上昇をゆるやかにする働きがある。また、モロヘイヤは、緑黄色野菜の中でも、βカロテンの含有量がトップクラスなうえ、近年は抗メタボ対策としても注目を集めている(モロヘイヤの健康効果に関しては、「抗メタボ効果で注目!最強の抗酸化野菜 モロヘイヤの食べ方」を参照してください)。モロヘイヤの健康効果を生かすレシピを紹介しよう。

冷しゃぶ モロヘイヤソース

  • 調理時間 20分
  • 1人分 269kcal
  • 塩分 2.3g
材料(2人分)
  • モロヘイヤ …… 100g
  • 豚ロース肉(薄切り) …… 150g
  • エノキタケ …… 100g
  • セロリ …… 1本(150g)
  • A
    酢 …… 大さじ1と1/2
    醤油 …… 大さじ1と1/2
    砂糖 …… 小さじ1/2
    ゴマ油 …… 小さじ1
    おろしショウガ …… 1かけ分(10g)
    豆板醤 …… 少々
作り方
  • (1) エノキタケは根元の石づきを切り、ほぐしておく。セロリはスジを取り、斜め薄切りにする。
  • (2) 鍋で沸かしたたっぷりの熱湯に塩(分量外)を加え、エノキ、セロリをサッとゆでてザルに上げる。次に、モロヘイヤをゆでザルに上げ、最後に豚ロース肉をサッとゆでてザルに上げる。
  • (3) モロヘイヤが冷めたらザク切りにしてAとあえる。
  • (4) 器に豚ロース肉、野菜を盛り(3)をかける。
ポイント

「一つの鍋で調理できるので後片付けも楽。モロヘイヤソースは多めに作っておけば、冷蔵庫で2日保存可能です」と藤井さん。


(写真:鈴木正美/レシピ考案・料理:藤井 恵)

藤井 恵
料理研究家
管理栄養士。手軽でおいしい家庭料理に定評があり、書籍も多数。現在「キユーピー3分クッキング」にレギュラー出演中。

出典:日経ヘルス2015年9月号

野菜の健康パワーをおいしく上げるレシピ129(日経BPムック 日経ヘルス別冊)好評販売中

 「ゴーヤーはわたも食べる」「ゴボウは水にさらさない」「カボチャは皮をむかない」など、野菜に含まれている"機能性成分"を逃さずに健康パワーを高める食べ方を、大学などの研究機関で活躍する第一線の研究者への取材に基づいて紹介します。

 さらに、それぞれの野菜の健康効果に関する研究データや、品種の違いを紹介する図鑑、フィトケミカル、ケルセチン、ルテイン、アリインなどのキーワードの説明も紹介。「野菜でもっと健康になりたい」という方に必ず役に立つ1冊です。

 129のレシピにはすべて、カロリー、塩分、調理時間を表示しました。

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.