日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 旬の食材 ヘルシーレシピ  > 抗メタボ効果で注目!最強の抗酸化野菜「モロヘイヤ」の食べ方
印刷

旬の食材 ヘルシーレシピ

抗メタボ効果で注目!最強の抗酸化野菜「モロヘイヤ」の食べ方

今月の食材「モロヘイヤ」

ポリフェノールに抗肥満効果!βカロテンなども豊富

モロヘイヤ

 シナノキ科ツナソ属。同じ科の植物は30種以上あるとされるが、栽培されているのはタイワンツナソとツナソの2種類。高さ2mほどになる草で、黄色い花を通常1個つける。長さ10cmぐらいの長楕円形の葉で縁にギザギザがある。軟らかい茎は食べる。

 近年、夏の店頭でよく見かけるようになった「モロヘイヤ」。実は栄養価が高く、高温・乾燥地帯でも育つ、生命力の強い野菜だ。

 現在、国内のモロヘイヤの一大産地は群馬県。出荷量は全体の約3割を占める。旬は6月から9月。クセのない味で、他の食材とも合わせやすい。葉を刻んだり、ゆでたりするとぬめりが出るのが特徴だ。

 このぬめりの成分の正体は多糖類の「ムチン」。オクラや山芋などにも含まれる。ムチンは胃や腸の粘膜を保護し、血糖値の上昇をゆるやかにする働きがある。また、モロヘイヤは、緑黄色野菜の中でも、βカロテンの含有量がトップクラスだ。

 さらに、近年は抗メタボ対策としても注目を集めている。「モロヘイヤに含まれるポリフェノール成分のケルセチンには、体重増加や肝臓中性脂肪蓄積を抑制する働きがある」と、島根県産業技術センターの勝部拓矢さん。ほかにも、食物繊維やカルシウムなどが豊富に含まれている。

 1袋、約100gとして、可食部は約80g。ゆでた量で小鉢一皿分ほどだ。これを目安に毎日食べたい夏野菜だ。

【モロヘイヤはここがヘルシー】
1 ポリフェノールに抗肥満効果
 植物の樹皮や種などに多く含まれるのがポリフェノールで、渋みや苦みが特徴。活性酸素を体か消去する“抗酸化力”が高い。さらに、以下の実験により、モロヘイヤに含まれるポリフェノールには抗肥満効果もあることが確認されている。
2 抗酸化成分を豊富に含む
 モロヘイヤにはβカロテン、ビタミンB群、ビタミンK、ビタミンE、カルシウム、カリウムが豊富に含まれている。これらの成分は、がんや老化の原因となる活性酸素を減らす抗酸化作用がある。また、免疫の活性化、骨粗しょう症の予防、また美肌効果も期待できる。
[画像のクリックで拡大表示]

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.