日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 旬の食材 ヘルシーレシピ  > +タマネギ・トマトで抗酸化成分が豊富に!ナスたっぷりキーマカレー

旬の食材 ヘルシーレシピ

+タマネギ・トマトで抗酸化成分が豊富に!ナスたっぷりキーマカレー

今月の食材「ナス」

 夏に旬を迎えるナス。ダイエットやメタボ予防に役立つ、抗酸化成分が豊富に含まれている。独特の色の皮に多いのが、紫の色素成分「ナスニン」だ。ナスニンを摂るためには、皮ごと食べるのがオススメ。最近では、ナスに含まれている「オスモチン」という植物性たんぱく質のメタボ予防の効果が注目されている(ナスの健康効果に関しては、「おすすめは皮ごと! ポリフェノール豊富なナスの健康効果は?」を参照してください)。ナスの健康効果を生かすレシピを紹介しよう。

ナスたっぷりキーマカレー

  • 調理時間 15分
  • 1人分 537kcal
  • 塩分 1.2g
材料(2人分)
  • ナス …… 3本
  • オリーブオイル …… 大さじ1と1/2
  • タマネギ …… 1/2個
  • 鶏ひき肉 …… 150g
  • トマト …… 大1個
  • ショウガ …… 20g(2かけ)
  • カレー粉 …… 大さじ1と1/2
  • 塩 …… 小さじ1/3
  • ご飯 …… 2膳分
作り方
  • (1) ナスは皮付きのまま1cm角切りにし、オリーブオイルとあえておく。タマネギとトマトも合わせて角切り、ショウガはみじん切りにする。
  • (2) フライパンに(1)のナス、タマネギ、鶏ひき肉、ショウガを入れて、よく混ぜ合わせてから火にかける。
  • (3) (2)のひき肉に火が通り、野菜もしんなりと馴染んだらトマトを合わせて炒める。
  • (4) カレー粉を入れて塩で味を調える。皿にご飯をよそい、カレーを添える。
ポイント

 タマネギのケルセチン、トマトのリコピンなどの抗酸化成分をプラスしたカレー。加熱したナスのトロリとした食感を味わえる。

【ナスの調理のポイント】
油で炒めて皮ごと食べる
ナスのポリフェノールは皮に多く水に溶けやすい。余さずとるには油で炒めて皮ごと食べる。調理後の油にポリフェノールが多いので、少量の油でナスをコーティングして調理を。

生で丸ごと食べる
ナスニンやクロロゲン酸、カリウムなどのミネラルはゆでたり煮たりすると流出してしまう。最近では生食できる種類も多く出ているので、生で皮ごと食べるといい。

冷凍保存もOK
数本が一袋に入って売られることが多いナス。使い切れない分は、1cm程度の厚さの輪切りや角切りにして冷凍しておくといい。そのまま炒めるなど加熱調理ができる。


(写真:鈴木正美/レシピ考案・料理:成沢正胡)

成沢正胡
料理研究家
和の懐石をメーンにした料理教室「うらら」を主宰。

出典:日経ヘルス2015年7月号

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.