日経グッデイ

旬の食材 ヘルシーレシピ

おすすめは皮ごと! ポリフェノール豊富なナスの健康効果は?

今月の食材「ナス」

色素成分たっぷりの皮ごと食べるのがお薦め
脂質代謝を改善し、メタボ予防にも

ナス

 6~9月が旬の夏野菜。インド東部が原産地とされ、日本では奈良時代から栽培されてきた。世界中で1000種類を超えるナスが栽培されているといわれ、品種の多さが特徴。日本でも賀茂ナスや熊本赤ナスなど各地に特有のナスがある。生産量は高知県が1位で約10%を占める。

 夏に旬を迎えるナスには、ダイエットやメタボ予防に役立つ、抗酸化成分のポリフェノールが豊富に含まれる。

 ナスの皮に多いポリフェノールが、紫の色素成分のナスニン。アントシアニンの一種だ。「ブルーベリーなど紫色の植物に豊富なアントシアニンには、糖や脂質の利用を促す“AMPキナーゼ”という酵素を活性化する作用がある」と中部大学の津田孝範教授。また、高知県工業技術センターの森山洋憲さんは、「アントシアニン系のポリフェノールの抗酸化力はナスニンが最も強かった」と話す。このナスニンをとるためには、皮ごと食べるのがお薦めだ。

 また、ナスの皮や果肉にクロロゲン酸というポリフェノールも多く含まれる。「クロロゲン酸には脂質分解を速める作用や、血液をサラサラにする作用、副交感神経を刺激して気分を落ち着かせる作用がある」と東京薬科大学の岡希太郎名誉教授。

 さらに、最近ではナスに含まれるオスモチンという植物性たんぱく質も注目されている。オスモチンは、体内での糖代謝を整えるアディポネクチンと同様の作用があり、メタボ予防に役立つと考えられている。

【ナスはここがヘルシー】
1日170g相当で脂質代謝改善の可能性
 ナスを1日約170g(2本半)相当とることで、悪玉のLDLコレステロールの指標となるアポリポたんぱくBが低下したデータがある。ナスに含まれる成分が脂質代謝を改善したと考えられる。
ポリフェノールの作用などでメタボ予防に
 ナスニンなどのアントシアニン類は糖や脂質の代謝を高める酵素AMPキナーゼの働きを活性化してエネルギー消費を促す。また、クロロゲン酸を摂取すると、腹部脂肪量が減ったという報告がある。
[画像のクリックで拡大表示]

ナスの地中海風サラダ

  • 調理時間 15分
  • 1人分 255kcal
  • 塩分 1.0g
材料(2人分)
  • ナス …… 3本
  • パプリカ …… 1/2個
  • グレープフルーツ …… 1個
  • バジル …… 2~3枝
  • 塩 …… 小さじ1/3
  • オリーブオイル …… 大さじ3
  • アーモンドスライス …… 大さじ1
作り方
  • (1) ナスは皮付きのまま2~3mmの輪切りに。パプリカはナスと同じ厚さに切り、グレープフルーツは果肉を取り出し、薄皮についた果肉は絞っておく。
  • (2) ボウルにパプリカと塩を入れて軽くもみ込み、ナスを入れてなじませ、オリーブオイル、グレープフルーツと絞り汁、ちぎったバジルを合わせる。食べやすい大きさにカットする。
  • (3) 器に盛り、アーモンドスライスを散らす。
ポイント

 グレープフルーツの酸味と苦み、さわやかさが生のナスの渋みとベストマッチ。ナスのみずみずしさを堪能できるレシピ。

【調理のポイント】
油で炒めて皮ごと食べる
ナスのポリフェノールは皮に多く水に溶けやすい。余さずとるには油で炒めて皮ごと食べる。調理後の油にポリフェノールが多いので、少量の油でナスをコーティングして調理を。

生で丸ごと食べる
ナスニンやクロロゲン酸、カリウムなどのミネラルはゆでたり煮たりすると流出してしまう。最近では生食できる種類も多く出ているので、生で皮ごと食べるといい。

冷凍保存もOK
数本が一袋に入って売られることが多いナス。使い切れない分は、1cm程度の厚さの輪切りや角切りにして冷凍しておくといい。そのまま炒めるなど加熱調理ができる。


(写真:鈴木正美/レシピ考案・料理:成沢正胡)

成沢正胡
料理研究家
和の懐石をメーンにした料理教室「うらら」を主宰。

出典:日経ヘルス2015年7月号