日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 旬の食材 ヘルシーレシピ  > おすすめは皮ごと! ポリフェノール豊富なナスの健康効果は?

旬の食材 ヘルシーレシピ

おすすめは皮ごと! ポリフェノール豊富なナスの健康効果は?

今月の食材「ナス」

色素成分たっぷりの皮ごと食べるのがお薦め
脂質代謝を改善し、メタボ予防にも

ナス

 6~9月が旬の夏野菜。インド東部が原産地とされ、日本では奈良時代から栽培されてきた。世界中で1000種類を超えるナスが栽培されているといわれ、品種の多さが特徴。日本でも賀茂ナスや熊本赤ナスなど各地に特有のナスがある。生産量は高知県が1位で約10%を占める。

 夏に旬を迎えるナスには、ダイエットやメタボ予防に役立つ、抗酸化成分のポリフェノールが豊富に含まれる。

 ナスの皮に多いポリフェノールが、紫の色素成分のナスニン。アントシアニンの一種だ。「ブルーベリーなど紫色の植物に豊富なアントシアニンには、糖や脂質の利用を促す“AMPキナーゼ”という酵素を活性化する作用がある」と中部大学の津田孝範教授。また、高知県工業技術センターの森山洋憲さんは、「アントシアニン系のポリフェノールの抗酸化力はナスニンが最も強かった」と話す。このナスニンをとるためには、皮ごと食べるのがお薦めだ。

 また、ナスの皮や果肉にクロロゲン酸というポリフェノールも多く含まれる。「クロロゲン酸には脂質分解を速める作用や、血液をサラサラにする作用、副交感神経を刺激して気分を落ち着かせる作用がある」と東京薬科大学の岡希太郎名誉教授。

 さらに、最近ではナスに含まれるオスモチンという植物性たんぱく質も注目されている。オスモチンは、体内での糖代謝を整えるアディポネクチンと同様の作用があり、メタボ予防に役立つと考えられている。

【ナスはここがヘルシー】
1日170g相当で脂質代謝改善の可能性
 ナスを1日約170g(2本半)相当とることで、悪玉のLDLコレステロールの指標となるアポリポたんぱくBが低下したデータがある。ナスに含まれる成分が脂質代謝を改善したと考えられる。
ポリフェノールの作用などでメタボ予防に
 ナスニンなどのアントシアニン類は糖や脂質の代謝を高める酵素AMPキナーゼの働きを活性化してエネルギー消費を促す。また、クロロゲン酸を摂取すると、腹部脂肪量が減ったという報告がある。
[画像のクリックで拡大表示]

1/2 page

最後へ

次へ

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.