日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 旬の食材 ヘルシーレシピ  > +油でβカロテンの吸収アップ! スプラウトとトマト、カリカリベーコンの変わりそば
印刷

旬の食材 ヘルシーレシピ

+油でβカロテンの吸収アップ! スプラウトとトマト、カリカリベーコンの変わりそば

今月の食材「スプラウト」

 スプラウトとは野菜の新芽のこと。スプラウトに含まれる栄養価は、発芽前の豆や種、あるいは成長後の野菜をしのぐ。種のときにはなかった、もしくは微量だったビタミン類やフィトケミカルなどが生成され、抗酸化力や抗菌力も豆や種より高まる。中でも、注目はブロッコリースプラウトの辛み成分「スルフォラファン」だ。解毒作用や抗酸化作用があることが分かっており、含有量は成熟したブロッコリーの7~20倍以上にもなる(スプラウトの健康効果に関しては、「発芽の力で抗酸化・抗菌作用UPの 『スプラウト』、食べ方のコツは?を参照してください)。スプラウトの健康効果を生かしたレシピを紹介しよう。

加熱は× アブラナ科スプラウトのレシピ

【調理のポイント】アブラナ科のスプラウトは……
◆よく刻む
刻んだりかんだりして細胞が壊れると、辛み成分の機能を発揮させる酵素が働きやすくなる。ただし、辛み成分には揮発性があるため、刻む場合は食べる直前がいい。

◆生で食べる
加熱すると、スルフォラファンなどの辛み成分の機能を発揮させる酵素が壊れて働かなくなってしまう。このため、加熱調理はせず、生で食べるほうがいい。

スプラウトとトマト、カリカリベーコンの変わりそば

カイワレ大根でもOK
  • 調理時間 15分
  • 1人分 444kcal
  • 塩分 3.8g
材料(2人分)
  • ブロッコリースプラウト(またはカイワレ大根) …… 100g
  • ミニトマト …… 8個
  • ベーコン …… 3~4枚
  • ちりめんじゃこ …… 20g
  • オリーブオイル …… 大さじ1
  • 醤油 …… 大さじ1
  • 黒コショウ …… 適量
  • 乾そば …… 120g
作り方
  • (1) ブロッコリースプラウトは根元を落として3等分に、ミニトマトは4つ割りに切る。ベーコンは5mm幅に切る。乾そばをゆでておく。
  • (2) フライパンにオリーブオイルを熱してベーコンを炒め、さらにちりめんじゃこも加えて炒める。
  • (3) ボウルに(1)のそば、ブロッコリースプラウトとミニトマト、(2)を入れて混ぜ合わせ、醤油を加えてさらに混ぜる。仕上げに黒コショウを振る。
ポイント

 色鮮やかなトマトと合わせて抗酸化パワーがアップ。「スプラウト類に豊富なβカロテンは脂溶性のため、油と一緒に食べると吸収率が高まる」(サラダコスモの中田光彦さん)。


(写真:鈴木正美/レシピ考案・料理:成沢正胡)

成沢正胡
料理研究家
和の懐石をメーンにした料理教室「うらら」を主宰。

出典:日経ヘルス2015年6月号

野菜の健康パワーをおいしく上げるレシピ129(日経BPムック 日経ヘルス別冊)好評販売中

 「ゴーヤーはわたも食べる」「ゴボウは水にさらさない」「カボチャは皮をむかない」など、野菜に含まれている"機能性成分"を逃さずに健康パワーを高める食べ方を、大学などの研究機関で活躍する第一線の研究者への取材に基づいて紹介します。

 さらに、それぞれの野菜の健康効果に関する研究データや、品種の違いを紹介する図鑑、フィトケミカル、ケルセチン、ルテイン、アリインなどのキーワードの説明も紹介。「野菜でもっと健康になりたい」という方に必ず役に立つ1冊です。

 129のレシピにはすべて、カロリー、塩分、調理時間を表示しました。

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策NEW

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.