日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 旬の食材 ヘルシーレシピ  > 食物繊維とカルシウムを強化! 押し麦とモズクのリゾット
印刷

旬の食材 ヘルシーレシピ

食物繊維とカルシウムを強化! 押し麦とモズクのリゾット

今月の食材「モズク」

 食用として全国に流通するモズクの8割を占めるのは、沖縄県で養殖されたオキナワモズク。オキナワモズクは、ぬめり成分の水溶性食物繊維であるフコイダンが豊富だ。水溶性食物繊維は大腸内で腸内細菌のエサとなり、腸内環境を整える働きがある。さらに、モズクは鉄などのミネラルも豊富に含む(モズクの健康効果に関しては、「食物繊維、ミネラルが豊富な「モズク」で便通改善、貧血予防」を参照してください)。モズクの健康効果を生かしたレシピを紹介しよう。

押し麦とモズクのリゾット

  • 調理時間 20分
  • 1人分 154kcal
  • 塩分 2.6g
材料(2人分)
  • モズク(味なし) …… 100g
  • 押し麦 …… 45g
  • セロリ …… 1/2本(75g)
  • タマネギ …… 1/2個(100g)
  • ニンジン …… 1/2本(70g)
  • A
    昆布 …… 1枚(5×5cm)
    水 …… 300mL
  • 塩 …… 小さじ1/2
  • 白ワイン …… 大さじ2
  • オリーブオイル …… 小さじ1
  • 粗びき黒コショウ …… 少々
作り方
  • (1) ボウルにAを入れ10分以上置く。モズクはみじん切りに。セロリはすじを取り、タマネギとニンジンは皮をむき、それぞれ7~8mmの角切りにする。
  • (2) 鍋に押し麦と(1)のモズク以外の材料を入れて中火にかけ、煮立ってきたら昆布を取り出して5mmぐらいの角切りに刻んでおく。
  • (3) (2)に白ワインを加え、10分煮込んだ後、モズクと塩を加え混ぜ、昆布を戻して火を止める。
  • (4) (3)を器によそい、オリーブオイルを回しかけ、粗びき黒コショウを振る。
ポイント

 洋風のリゾットにモズクを加えると、とろみのある独自の味わいに。「押し麦は食物繊維やカルシウムが豊富。モズクとの相性もバッチリ」(藤井さん)。

(写真:鈴木正美/レシピ考案・料理:藤井 恵)

藤井 恵
料理研究家
管理栄養士。手軽でおいしい家庭料理に定評がありテレビや雑誌など多方面で活躍。現在「キユーピー3分クッキング」にレギュラー出演中。

出典:日経ヘルス2015年5月号

野菜の健康パワーをおいしく上げるレシピ129(日経BPムック 日経ヘルス別冊)好評販売中

 「ゴーヤーはわたも食べる」「ゴボウは水にさらさない」「カボチャは皮をむかない」など、野菜に含まれている"機能性成分"を逃さずに健康パワーを高める食べ方を、大学などの研究機関で活躍する第一線の研究者への取材に基づいて紹介します。

 さらに、それぞれの野菜の健康効果に関する研究データや、品種の違いを紹介する図鑑、フィトケミカル、ケルセチン、ルテイン、アリインなどのキーワードの説明も紹介。「野菜でもっと健康になりたい」という方に必ず役に立つ1冊です。

 129のレシピにはすべて、カロリー、塩分、調理時間を表示しました。

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.