日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > ついにこの瞬間が! ハーフマラソン完走でカメ子号泣  > 3ページ目

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

ついにこの瞬間が! ハーフマラソン完走でカメ子号泣

第25回 本当のドラマは19.3kmの最終関門に待っていた【軽井沢:後編】

 カメ子=日経Gooday

最終関門まであと1.7km、もう無理~!!

 「ここから最後の関門まで、7分ペースで走って! 7分!!」

 スタッフの男性が、関門を通過したばかりのランナーに叫ぶ。

 えー!! 7分?! む、無理…!

 やっとの思いで関門を通過したばかりなのに、追い打ちをかけるような厳しい現実に、心が折れそうになるカメ子。その時、ドS編集長が「アニマル浜口さん」と化した。

 「根性見せるのは、今だぞ。今見せなくてどうする!とにかく最後の関門さえ突破すれば、あとは歩いたっていいんだ。19.3kmが俺たちのゴールだ」

 「フォームなんてどうでもいい。とにかく、死ぬ気で走れ!気合いだ!気合いだ!」

 「はいぃ!」(カメ子)

 既に体力も脚力も限界に達していて、気合いとは裏腹にスピードが上がらない。それでも必死で、コーチと編集長の背中を追いかける。

 「周りのみんなもつらいのは一緒。あと少し、がんばりましょう!」

 真鍋コーチの優しい激励を受け、とにかく前へ、前へと走る。

 「どこ? どこなの関門? まだ??」

 地図ではもうすぐのはずなのに、なかなか見えてこない。焦りと苛立ち。周りのランナーも、皆必死の形相で走っている。

道のはるか先から「あと1ぷーん!」

 そのとき、道のはるか先から拡声器の声が響き渡った。

 「あと1ぷーん!」

 い、いっぷん?!?!

 「急げ! がんばればまだ間に合う!」と沿道のスタッフ。

 「走れ! あそこの白い看板だ、気合で走れー!!」(編集長)

 周りの集団がわっと加速する。でも、脚が思うように動かない。ダメ、私は無理。つらい、もう走れない。

 でも…

 ここまで走ってきたのに、ゴールできないで終わるのは、絶対にいやだー!!

 ぬおおおおおおーーーー!!!!

 満身創痍のカメ子、最後の力を振りしぼって走る!!

 「5……4……3……2……」

 徐々に近づいてくるカウントダウンのコール。どこが正確な関門ラインなのかもよく分からないまま、無我夢中で突進した。関門らしき場所を駆け抜けた瞬間、なにがなんだか分からず、頭は真っ白。

 え、間に合ったの? 大丈夫だったの?

 そのとき、編集長が言った。

 「後ろを見てみろ」

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.