日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > ついにこの瞬間が! ハーフマラソン完走でカメ子号泣  > 5ページ
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

ついにこの瞬間が! ハーフマラソン完走でカメ子号泣

第25回 本当のドラマは19.3kmの最終関門に待っていた【軽井沢:後編】

 カメ子=日経Gooday

 もう、一足先に感動を味わってしまったので、泣くことはないと思っていたのに、ゴールゲートをくぐったら、また涙が出てきた。真鍋コーチとハグ、そして固い握手を交わす。タロット占いを見事的中させたカメラマンM氏も、カメ子の完走を見届けて大喜びしている。

なんも言えねえ…
[画像のクリックで拡大表示]

 順位は一般ハーフ女子の部1201人中895位(実際にゴールしたランナーの中では、限りなく最後尾に近かった)。タイムは、2時間43分04秒、ネットタイム2時間40分26秒。狙ったかのようなギリギリのタイムだが、完走できないことも覚悟していただけに、大満足! 順位は関係ない。マラソンでは、1人1人にドラマがあるんだ…。

皆の支えがカメ子をゴールに押し込んでくれた

 思えば企画がスタートした1年前は、5分連続で走るのもやっとだった。それから1年、仕事や家事・育児の傍ら、時間を捻出してコツコツと走ってきた。少しずつ走ることが楽しくなってきた矢先に膝痛で思うように走れなくなり、最近はずっともどかしい思いが続いていた。

 正直に打ち明けると、「仕事ではなくプライベートで走れたら、どんなに楽だろう」と思ったこともあった。でも、レースを終えて、初めて気が付いた。もし1人で気楽に走っていたら、絶対に完走できなかった。真鍋コーチをはじめ、たくさんの人の支えが、なんとかギリギリのところで、カメ子をゴールに押し込んでくれたのだ。そして、膝痛があっても、気持ちを強く持って、ハーフを走り切ることができたことは、非常に大きな自信になった。

 皆様、本当にありがとうございました!

真鍋コーチからのメッセージ

 カメ子さんとの2回目のレース参加となった今回の軽井沢ハーフマラソン。前回の10kmレースは脚の痛みで途中リタイアした経験がある分、今回のハーフマラソンでは何とか笑顔でゴールさせたいという気持ちが私の中でもかなり強かったです。大会の楽しさを知ってほしい、また、それによって、フルマラソン挑戦へのモチベーションも大きく変わると感じたからです。

 そんなカメ子さんとの大会当日、明らかに緊張感があるようにも見え、いかにリラックスするか、ココが結構ポイントだと感じていました。そんな中、今まで一緒に同行して頂いた、編集長や、カメラマンさんがうまく緊張するカメ子さんをリラックスさせてくれました(感謝!!)

 今回の大会では最後の最後でドラマがありましたが、何よりも私が嬉しく思ったのは、無事に笑顔でゴールできたことはもちろんですが(途中号泣シーンもあったけど・笑)、それ以上に、途中でカメ子さんから出た言葉「今日、すごく楽しいです!全然きつくない!」…その一言が本当に嬉しかったです。

 長い期間をかけ、ゆっくり亀のように進んでいるカメ子さんですが、走る楽しさを確実に感じてくれています。私が指導している生徒さんたちにいつも第一に想っているのは、目標はそれぞれでいい、ただ「走るって楽しいんだ!」と感じてほしいということ。それが一番だと思っています。

 フルマラソンに向けたチャレンジの通過点でもある今回の大会! 本当にカメ子さんはよく頑張ったと思います。ただ、これがゴールではなく、自信をもってフルマラソンにチャレンジしてもらいたいです。そして、一緒に笑顔でゴールをして、「チャレンジしてよかった!本当に楽しかった」という言葉を聞きたいなと思います。

 引き続き読者のみなさま、応援よろしくお願いします。

[画像のクリックで拡大表示]

 ということで、連載はまだ続きます。

 レースを終えたカメ子は、心は充実感で満たされながらも、脚はヨロヨロ、膝はガクガク。階段を上ることも下りることもままならない状態で、重い荷物を引きずり、生ける屍となりながらなんとか家にたどり着いた。翌日は、悲しいことに月曜日。

「当然、出勤するよな。俺はするけど」(ドS編集長)

 や、休めない…のね…(TwT。) (次回「ヘタレランナー、目指すゴールは東京マラソン!」 に続く)

(写真:村田わかな)

(協力:ダンスキン〔カメ子着用:Non Stress Tシャツ 4300円、ショートパンツ 6000円、以上すべて税別〕、大塚製薬)

真鍋未央(まなべ みお)さん
ランニングアドバイザー
真鍋未央(まなべ みお)さん

福岡県出身。高校時代、中・長距離の陸上選手として活躍し、卒業後は資生堂ランニングクラブに所属。同クラブ在籍中にマラソンに転向。ベストタイムは2時間55分27秒(2006年1月29日大阪国際女子マラソン)。現在は、ランニングアドバイザーとして女性向けのセミナー、ランニングイベント「miobiRun」を定期的に開催するほか、TVや雑誌など各種メディアで活躍している。公式ブログはこちら
著書『週1回のランニングでマラソンは完走できる!』(池田書店)
(写真:村田わかな)

先頭へ

前へ

5/5 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.