日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > ついにこの瞬間が! ハーフマラソン完走でカメ子号泣
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

ついにこの瞬間が! ハーフマラソン完走でカメ子号泣

第25回 本当のドラマは19.3kmの最終関門に待っていた【軽井沢:後編】

 カメ子=日経Gooday

膝痛への不安いっぱいでスタートを切った、人生初のハーフマラソン。ところが蓋を開けてみると、できすぎといっていいほど順調に距離を伸ばし、余力を持って折り返し地点を通過。これから先、練習では走ったことのない距離に突入するヘタレランナー・カメ子。果たして無事、ペースを維持してゴールにたどり着けるだろうか?

 真鍋未央コーチもびっくり、ドS編集長もあきれるハイテンションで、ハーフマラソンの半分を無事に折り返したカメ子(詳しくは前回記事「目標はビリでも完走! 人生初のハーフマラソンに挑む」)。折り返したことでさらに強気になり、浮かれているうちに、第2関門がやってきた。11.7km、制限時間は1時間33分。

 「まだタイムは余裕があるから大丈夫ですよ!」(真鍋コーチ)との力強い声に後押しされ、無事、1時間27分前後で通過する。ホッとして「湯川ふるさと公園」に入ると、関門通過のご褒美とばかりに、思わぬサプライズが待っていた。

 給食だ!! 大勢のスタッフの方がアンパンとバナナを配っている。

12km手前で思いがけず現れたエイドに興奮するカメ子。食べたら一気に力が湧いてきた!(撮影:真鍋コーチ)
[画像のクリックで拡大表示]
12km手前で思いがけず現れたエイドに興奮するカメ子。食べたら一気に力が湧いてきた!(撮影:真鍋コーチ)
[画像のクリックで拡大表示]
12km手前で思いがけず現れたエイドに興奮するカメ子。食べたら一気に力が湧いてきた!(撮影:真鍋コーチ)

 事前に配られたコースマップには給水ポイントのみが書かれていて、給食があるとは思っていなかったため、このサプライズには心の底から感激した。アンパンを受け取り、無心でほおばる。

 おいしい…!! こんなにおいしいアンパンは、生まれて初めて。なんだかちょっと涙目になるカメ子。このタイミングでのエネルギー補給は本当にありがたい。

 「最高においしいです、このチョコアンパン!(≧∀≦)」(カメ子)

 「え、チョコだった? 俺のはアンコだよ。チョコも食べたいな。もう1個もらってくる」(編集長)

 そう言って2個目のアンパンを受け取り、食べてみたらまたもやアンコだったとうなだれる編集長…(笑)

14kmを過ぎ、未知の距離に突入…脚が重い…

 そんなコントのようなやり取りをしながら、往路で「心が折れそう」と思ったアップダウンを再び上っていく。さすがにここまで走ってくると、脚にも疲れが出てきて上り坂が堪える。途中で13.0kmの第3関門も無事通過するも、上ることに必死で、これまた気づかず…(タイムは手持ちの時計で1時間36分、制限時間1時間41分)。なんとか上り切り、再び別荘地帯に入っていくと、ついに14km。もはや、練習でも走ったことのない未知の世界に突入だ。順調だった左膝も、再び痛むようになってきていた。だが、この際そんなことは気にしていられない。

 「ここからががんばりどころですよ。とても安定した走りをしてきていますから、慌てなくて大丈夫です。落ち着いて行きましょう」(真鍋コーチ)

 「はい! まだまだ行けそうです!」

 …と威勢よく答えたのもつかの間。15kmの関門に近づくころには、脚全体が一気に重くなってきた。あれだけ元気よく沿道に手を振り返していたのに、別人のように無表情になっていくカメ子。ペースを落としているつもりはないのに、時計を見ると、1km7分台後半に落ちている。いかん…このままでは、関門が…!

1/5 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.