日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > 目標はビリでも完走! 人生初のハーフマラソンに挑む
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

目標はビリでも完走! 人生初のハーフマラソンに挑む

第25回 膝痛にはもうビビらない【軽井沢:前編】

 カメ子=日経Gooday

膝の痛みに悩まされ、自信ゼロで迎えたハーフマラソン。レースの前々日に左膝にテーピングを施してもらい、土壇場で完全に開き直ったカメ子。こうなったらレースを楽しみ、無心で走るしかない。ヘタレの名に懸けて(?!)軽井沢の街を走り抜けよう!

 絶不調のまま、人生初のハーフマラソンに臨むことになってしまった、ヘタレランナー・カメ子(詳しくは前回記事「治らない膝、迫りくるハーフマラソン」参照)。レース前の2週間は、もろもろの準備に追われながら、プレッシャーの余り日々涙目で過ごしていた。だが、土壇場で、ついに何かが吹っ切れた。

 とにかくスタートラインに立とう。せっかく軽井沢まで行くんだから、楽しんで走らなきゃもったいない。走ることが「楽しい」と思えるようになった、そのうれしい変化をかみしめながら、膝の状態の許す限り、行けるところまで行ってやろうじゃないの!

治療院に駆け込み、テーピング

レース前に自分で貼り直さなければならないため、貼り方を覚えるためにパチリ。

 前回の指導日で痛くなってしまった左膝は、その後、少し落ち着いていた。レース1週間前の最後の自主トレでは、5kmを7分24秒/kmのペースで走ることができた。一方で、日常生活で歩いているときに少し痛みが出たりもしていた。

 そこで、真鍋未央コーチの勧めで、以前、施術体験をさせていただいたスポーツマッサージの治療院(過去記事「ランの膝痛に悩み、スポーツマッサージ初体験!」参照)に、レースの前々日に駆け込み、膝の周辺にテーピングをしてもらった。

 薄くて伸縮性があるテープで、負荷がかかりやすい左膝周辺の筋肉の動きが適度に制限され、走る際にサポートしてくれそうだ。なによりも、不安な部分に貼るだけで、守られているような安心感が芽生え、なんだか少し元気が出てきた。

「アメ」と「ムチ」に挟まれ、どうなるこの3人旅?!

 そしていよいよ迎えたレース当日の朝。軽井沢の空は、雲一つない秋晴れで、朝日を浴びて紅葉がキラキラと輝いている。テーピングもばっちりした。前夜から油っぽいものを控え、糖質やビタミンBをしっかり摂った。膝も痛くない。しかも、最近タロット占いの勉強を始めたカメラマンM氏によると、この日のカメ子、「大吉ではありませんが、順調にまわると出ています!」。

 なんだか幸先がいいぞ!(←単純)

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
6000人が参加した「サンスポ軽井沢リゾートマラソン」。真鍋コーチお気に入りの、秋の軽井沢を彩る人気の大会だ。

 9:05のスタートに備え、軽井沢プリンスホテルスキー場の駐車場に8:00ごろ到着。受付を済ませ、ウォームアップを開始した。実は今回、カメ子と一緒に走ってくれる人が、真鍋コーチのほかにもう1人いた。この企画をカメ子に無茶振りした張本人である、ドS編集長。なんでもハーフマラソンを走るのは約10年ぶりだそうだ。

 「よかったな。心強いだろう?」(編集長)

 「こ、こころ強いです…( ̄ロ ̄;)」(カメ子)

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
「アメ」と「ムチ」に挟まれた、最強の布陣?!

1/4 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.