日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > 目標はビリでも完走! 人生初のハーフマラソンに挑む  > 3ページ
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

目標はビリでも完走! 人生初のハーフマラソンに挑む

第25回 膝痛にはもうビビらない【軽井沢:前編】

 カメ子=日経Gooday

なんだか楽しい!沿道に手を振り、絶好調の滑り出し

 スタート後、まずはトンネルを抜けて線路の北側、旧軽井沢のロータリーを目指して走り出す。最初は団子状態で走っているためそれほどスピードは出ないが、1kmくらい走ると徐々に集団がばらけ、7分20秒/km前後のペースに整ってきた。走り始めてしまえば陽射しも暖かく、冷たい空気も心地いい。そして沿道からは温かい声援が。

 なんだか、楽しい!!

 自然と笑顔がこぼれ、伴走していた編集長いわく、「まるで選挙活動中の政治家のように」もれなく沿道に手を振り返し、「がんばりまーす!」と応えるカメ子。テンションが明らかにハイになっている。

順調な滑り出しを見せるカメ子(2.5km付近)。
[画像のクリックで拡大表示]

 「1キロ7分10秒~20秒。順調すぎるくらい目標通りのペースで来ています!」(真鍋コーチ)

 旧軽井沢のロータリーを折り返し、すこぶる快調に走るカメ子。だが、3kmを通過したあたりで、やってきたのだ。“例の痛み”が…。

焦るな、左脚がダメなら右脚がある

「き、きた…」

 左脚で着地するごとに、膝の外側に軽い痛みが走る。これまでの経緯から、痛くなるのは想定内だったが、もう少し長く走ってから痛くなってほしかったな、と一瞬悲しくなる。

 だが、この日のカメ子に焦りはなかった。ここからががんばりどころだ。左脚がダメなら右脚がある。今日は練習じゃないから、大事を取ってやめたりせず、行けるところまで、行ってやる!

線路を超える上り坂。コーチに元気に手を振る(撮影:真鍋コーチ)
[画像のクリックで拡大表示]

 痛みのない右脚に重心を傾け、アンバランスなフォームになりながらも、しばらく走り続けていると…

 「…あれ?」

 なぜか、痛みが減ってきた。左膝の違和感は多少気にはなるが、普通に両脚に均等に重心を乗せて走れるようになってきている。一度痛くなったら悪くなる一方だと覚悟していたのに、途中で良くなるというのはうれしい誤算だった。そのままの勢いで、線路を越える上り坂へ(その手前で最初の5.1km関門を通過していたのだが、集中しすぎていて気づかず…)。

 坂道はやはり多少きつく感じるが、一歩一歩着実に。下りは膝をいたわりながら若干ペースを落とし、いよいよ木立に囲まれた別荘地帯へ入っていく。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.