日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > 目標はビリでも完走! 人生初のハーフマラソンに挑む
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

目標はビリでも完走! 人生初のハーフマラソンに挑む

第25回 膝痛にはもうビビらない【軽井沢:前編】

 カメ子=日経Gooday

膝の痛みに悩まされ、自信ゼロで迎えたハーフマラソン。レースの前々日に左膝にテーピングを施してもらい、土壇場で完全に開き直ったカメ子。こうなったらレースを楽しみ、無心で走るしかない。ヘタレの名に懸けて(?!)軽井沢の街を走り抜けよう!

 絶不調のまま、人生初のハーフマラソンに臨むことになってしまった、ヘタレランナー・カメ子(詳しくは前回記事「治らない膝、迫りくるハーフマラソン」参照)。レース前の2週間は、もろもろの準備に追われながら、プレッシャーの余り日々涙目で過ごしていた。だが、土壇場で、ついに何かが吹っ切れた。

 とにかくスタートラインに立とう。せっかく軽井沢まで行くんだから、楽しんで走らなきゃもったいない。走ることが「楽しい」と思えるようになった、そのうれしい変化をかみしめながら、膝の状態の許す限り、行けるところまで行ってやろうじゃないの!

治療院に駆け込み、テーピング

レース前に自分で貼り直さなければならないため、貼り方を覚えるためにパチリ。

 前回の指導日で痛くなってしまった左膝は、その後、少し落ち着いていた。レース1週間前の最後の自主トレでは、5kmを7分24秒/kmのペースで走ることができた。一方で、日常生活で歩いているときに少し痛みが出たりもしていた。

 そこで、真鍋未央コーチの勧めで、以前、施術体験をさせていただいたスポーツマッサージの治療院(過去記事「ランの膝痛に悩み、スポーツマッサージ初体験!」参照)に、レースの前々日に駆け込み、膝の周辺にテーピングをしてもらった。

 薄くて伸縮性があるテープで、負荷がかかりやすい左膝周辺の筋肉の動きが適度に制限され、走る際にサポートしてくれそうだ。なによりも、不安な部分に貼るだけで、守られているような安心感が芽生え、なんだか少し元気が出てきた。

「アメ」と「ムチ」に挟まれ、どうなるこの3人旅?!

 そしていよいよ迎えたレース当日の朝。軽井沢の空は、雲一つない秋晴れで、朝日を浴びて紅葉がキラキラと輝いている。テーピングもばっちりした。前夜から油っぽいものを控え、糖質やビタミンBをしっかり摂った。膝も痛くない。しかも、最近タロット占いの勉強を始めたカメラマンM氏によると、この日のカメ子、「大吉ではありませんが、順調にまわると出ています!」。

 なんだか幸先がいいぞ!(←単純)

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
6000人が参加した「サンスポ軽井沢リゾートマラソン」。真鍋コーチお気に入りの、秋の軽井沢を彩る人気の大会だ。

 9:05のスタートに備え、軽井沢プリンスホテルスキー場の駐車場に8:00ごろ到着。受付を済ませ、ウォームアップを開始した。実は今回、カメ子と一緒に走ってくれる人が、真鍋コーチのほかにもう1人いた。この企画をカメ子に無茶振りした張本人である、ドS編集長。なんでもハーフマラソンを走るのは約10年ぶりだそうだ。

 「よかったな。心強いだろう?」(編集長)

 「こ、こころ強いです…( ̄ロ ̄;)」(カメ子)

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
「アメ」と「ムチ」に挟まれた、最強の布陣?!

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.