日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > 初心者は小さめのシューズを選んで失敗する
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

初心者は小さめのシューズを選んで失敗する

第5回 ランニング初心者のシューズ選びのコツ

 カメ子=日経Gooday

運動不足、走るのキライな編集部員(アラフォー♀)が、なんの因果かランニング企画の担当に。『週1回のランニングでマラソンは完走できる!』の著者であるランニングアドバイザー・真鍋未央さんの指導を仰ぎながら、半年後(?!)のフルマラソン完走を目指し、苦難の道を綴ります!

 前回記事(「実践! 筋肉プルプル10分トレーニング」)では、週1ランを支える補強トレーニングの実際を、真鍋コーチに伝授してもらった。気づけば本連載も今回で第5回。さすがに「いつ走り始めるんだろう、このカメ…」と首をかしげている読者の方もいらっしゃるだろう。

 ええ、いよいよです。いよいよ、走り始めますよ~。

 …と、その前に。まだ書いておかなければならないことがある。それが、ランニング初心者のための、シューズ選びのポイントだ。

なぜスニーカーではダメなの?

 ゴルファーにはクラブ、サイクリストには自転車、スイマーには水着が必需品であるように、ランナーにはシューズが必要だ。とはいえ、ランニングド素人のカメは、この企画が決まった当初、こう考えていた。

 「とりあえず手持ちのスニーカーで走ればいっか。だって自腹だし…(- .-;)

 ところが、その考えは甘かった。

 「えっ スニーカー? ダメです! 必ずランニング専用のシューズで走ってください!」

 と真鍋コーチ。

 「ええっ、どうしてスニーカーじゃダメなんですか? 十分、快適で歩きやすいですよ?」

 カメの素朴すぎる疑問に、真鍋コーチは丁寧に答えてくれた。

 「ランニングは、ウォーキングとは違って、一歩一歩、着地するたびに大きな衝撃が足に加わります。普通のスニーカーではクッション性と安定性が不十分なので、着地の衝撃に足が耐えられず、ケガの元になってしまうんです。特に初心者ランナーは筋力が弱いので、専用シューズを履いて、衝撃から足を守ってあげることがとても大切です」

 へえ~。そういうものなのか。

 「ちなみにカメさん、ランニングシューズって、履いたことありますか?」

 「ありません!(きっぱり)」

 「だったら、履いてみると、きっと驚きますよ! スニーカーとは全然違いますから」

 その言葉に、がぜん、好奇心を刺激されたカメ。早速、わが運命の一足(?)を求めて、真鍋コーチと一緒にスポーツショップに足を運んでみることにした。

専門店のスタッフに自分の走力と目的を伝えて相談

 まず、真鍋コーチに教えてもらった、ランニングシューズ選びの基本をまとめてみよう。

ランニングシューズ選びの基本

・必ずランニング専用のシューズを選ぶ

・スポーツ専門店で、店員さんに「自分の走力」と「目標とするレース」を伝え、お薦めのシューズを何足か選んでもらう

・試着してフィット感(安定性)とクッション性を確認し、自分の足に一番合っているものを選ぶ

・初心者はトレーニング用の1足があれば十分

1/4 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.