日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > ランナーは食事が命、スタミナアップの栄養講座  > 5ページ
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

ランナーは食事が命、スタミナアップの栄養講座

第23回 教えて!ルミ先生 ~間違いだらけのカメ子の栄養管理~ 【前編】

 カメ子=日経Gooday

ランナーの大敵、貧血予防は「鉄分をとる」だけじゃダメ

ルミ先生 本当ですよ。長時間動き続けるために酸素は不可欠ですから、酸素を運ぶ赤血球中の血色素(ヘモグロビン)量も多く必要になります。また、運動して大量に汗をかけば、汗と一緒に鉄分も失われます。さらに長時間走ると、脚底にかかる衝撃で赤血球が壊されてしまい、貧血の一因になるんです。

脚底の衝撃で赤血球が壊される?! それは知りませんでした(愕然)。

ルミ先生 貧血状態になると、酸素が体の隅々まで届けられなくなり、スタミナ切れや疲労感の蓄積につながりますので、ランナーの貧血対策は非常に重要です。健康診断の一般的な血液検査で血中のヘモグロビン不足(鉄欠乏性貧血)と診断されなくても、体に蓄えられた「貯蔵鉄」が減っている、貧血予備軍(潜在性鉄欠乏性貧血)のランナーもたくさんいます。貯蔵鉄が減っている状態では、一生懸命練習してもエネルギーをスムーズに作りだせなくなります。だから、貧血予防はとても大事なんです。

そうなんですね! 私ももしかして、鉄が不足していなければ、もっと長い距離を走れるのかも…?!

貧血を直せばカメ子のスタミナはぐーんと改善?(写真:村田わかな)

ルミ先生 カメ子さん、鉄剤は普段どんな風に飲んでいます?

食後が多いです。

ルミ先生 そのとき、必ずたんぱく質と一緒にとるようにしてください。貧血対策として、鉄だけを取ればいいと思っている人がとても多いのですが、もともとヘモグロビンは、「ヘム(鉄)」と「グロビン(たんぱく質)」が結合したものなので、たんぱく質が不足していると、鉄だけをとってもヘモグロビンは合成されないんですよ。

そ、そうだったんですかっ?!

ルミ先生 さらにいえば、鉄の吸収を助ける「ビタミンC」も必要です。「鉄分」「たんぱく質」「ビタミンC」の3つは貧血対策の「三種の神器」として覚えておいてください。

ビタミンCのことはかろうじて頭にありましたが、たんぱく質もセットだったんですね。勉強になりました。

ルミ先生 鉄はレバーやあさり、ホタテ、牛肉、ホウレンソウ、小松菜、ひじきなどに含まれています。レバーや牛肉など動物性のものは、それ自体がたんぱく質も含んでいますので、ビタミンCと組み合わせればOK。レバーが苦手な人はひじきの煮物に肉や魚、柑橘類やイチゴなどのフルーツなどの組み合わせもいいでしょう。

 さらにいうと、いくら貧血予防に鉄やたんぱく質をとっても、糖質をきちんととっていないと、集中力や持久力の低下にもつながってしまいます。これに関しては、運動の前後のとりかたが重要になってきます。

そうなんですか! トレーニングやレース前後の栄養補給のポイントも、ぜひ教えてください(後編「レース前後の栄養補給、こうすれば強いランナーになれる!」に続く)

こばた てるみさん
(株)しょくスポーツ代表取締役、スポーツ栄養士、管理栄養士
こばた てるみさん 「ルミさん」の愛称で親しまれ、「世界一受けたい授業」「おはよう日本」などのメディアでも活躍する、日本初の公認スポーツ栄養士。また、日本酒造組合中央会認証の日本酒スタイリト5名のうち1人。
 競泳のオリンピックメダリストやプロ野球選手など、数多くの一流アスリートの栄養サポートを行い、現在は Jリーグ「清水エスパルス」やなでしこジャパンの某選手などの栄養サポートを手がけるほか、講演活動や食育イベント主宰、地域食材を生かした料理プロデュース・商品開発など幅広く活躍中。
 中学・高校ではバスケット選手として全国大会に出場。ゴルフ、テニス、ランニングも趣味で、プレイヤーの視点を生かした栄養指導にも定評がある。

先頭へ

前へ

5/5 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.