日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > ランナーは食事が命、スタミナアップの栄養講座
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

ランナーは食事が命、スタミナアップの栄養講座

第23回 教えて!ルミ先生 ~間違いだらけのカメ子の栄養管理~ 【前編】

 カメ子=日経Gooday

 痛かったり、痛くなかったり…。夏の間、なかなか治らない左膝に悩みながら、あっという間に秋を迎えてしまった、ヘタレランナー・カメ子。今回と次回は特別編として、マラソンシーズン突入を機に、レースを控えたランナーが気になる食事や栄養管理のポイントを、スポーツ栄養士の「ルミ先生」ことこばたてるみ先生にお聞きします!

 7月のレース(「10kmナイトラン、痛恨のリタイアで心は土砂降り」)で左膝を痛めた後、しばらくランニングから遠ざかっていた、手負いのヘタレランナー・カメ子。右脚のアライメント(形)の崩れを修正するという課題を発見し、(前回記事「ランの膝痛に悩み、スポーツマッサージ初体験!」)、日常生活での階段の上り下りと、補強トレーニングだけはコツコツと続けていたが、肝心のランニングの方は、一進一退。

 真夏は猛暑や天候不順で思うように走れず、ランニングの間隔が2週間空いてしまったこともあった。暑さから逃れるように早朝4:00に起きて走ったりもしたが、たった2~3kmで左膝に痛みが出る日もあれば、7km走っても問題ない日もあったりと、気まぐれな膝の状態に一喜一憂する日々。なかなか、10km以上のまとまった距離を走ることができない。

 「膝を痛めたのが夏でよかった…。この殺人的な暑さじゃ、どのみち長い距離は走れないし、地道な補強トレーニングにぴったりな時期かも!」と最初は気楽に考えていたカメ子だったが、気づけば夏も終わり、爽やかな秋の空気と共にランニングシーズンが到来。

気付けばいつものランニングコースにも秋の気配が…。

 いかん、これはさすがにいかーん!!

 走りたいのに走れない。左膝の痛みがなかなかなくならないために、一向にレベルアップできない―。そんなモヤモヤした自分の状況に、さすがに焦りが高まってきた。なぜなら、次の目標に設定していたレースが間近に迫ってきていたからだ。

 …ということで、いよいよ追い込まれた“窮鼠”ならぬ“窮カメ子”のレースの模様については、終了後にご報告することにして、今回は、特別編。レース前の体調管理に欠かせない、「食事=栄養補給」のポイントについて、スポーツ栄養士の「ルミ先生」こと、こばたてるみ先生に突撃取材をさせていただきました!

ランナーのスタミナに直結する食事。何に気をつければいい?

 ルミ先生は、数多くの一流アスリートの栄養指導を手がけ、食育イベントの主宰や講演、メディア出演などでも幅広く活躍する、日本初の公認スポーツ栄養士。ご自身もフルマラソンを何度も完走した経験のあるランナーなので、ランナーならではの視点を生かした栄養指導も好評だという。

 これまで、距離を伸ばすことや筋力をつけることに意識が集中していて、正直、食事にはあまり気をつかってこなかったカメ子だが、走るエネルギーを生み出すのは、食べ物。レースを控えた今、食事に気を付けることで、少しでもスタミナをつけ、体調を整えられれば大きな安心材料になるというもの。今日はルミ先生に、徹底的にご指導願います!

1/5 page

最後へ

次へ

日経グッデイ初割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.