日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > 目標は「速く走ること」ではなく「楽に走ること」
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

目標は「速く走ること」ではなく「楽に走ること」

第3回 これが真鍋メソッドの基本ルール

 カメ子=日経Gooday

運動不足、走るのキライな編集部員(アラフォー♀)が、なんの因果かランニング企画の担当に。『週1回のランニングでマラソンは完走できる!』の著者であるランニングアドバイザー・真鍋未央さんの指導を仰ぎながら、半年後(?!)のフルマラソン完走を目指し、苦難の道を綴ります!

 あーあ、「やる」って書いちゃった。退路を断っちゃったよ。本当にできるのか、私…orz

 前回(「なぜ週1回のランニングでフルマラソンを完走できるのか?」)、真鍋さんのポジティブオーラを浴びて、すっかりその気になったカメ。だが、日が経つにつれ、じわじわとテンションが降下。毎朝のお約束の「はあ…」というため息が戻ってきてしまった。

 いかん、いかん! “真鍋マジック”が薄れてきたぞ!

 そんなどんよりムードを振り払うべく、今回は、これから始まるトレーニングの、具体的な練習メニューをまとめてみることにする。

たまにしか走らないけど、走る時はけっこうがんばる

 真鍋コーチが勧めるトレーニングの基本は、極めてシンプルだ。

・週1回のランニング
・週2~3回の自宅での補強トレーニング(10分程度)

 これらのメニューを、自分の都合に合わせて1週間の予定に組み込む。
 例えば、こんな具合だ。

1週間のスケジュール例
休養補強トレーニング休養補強トレーニング休養ランニング補強トレーニング

 わあ。「休養」が多くていい感じ♪

 ランニングは、まずはウォーキングから始めて、半年ほどかけて徐々に距離を延ばしていく(最長20kmまで)。その間、補強トレーニングを地道に重ねて、初心者ランナーに不足している筋力、特に体の軸である体幹を鍛える。ランニングは増やしすぎると故障につながるが、補強トレーニングなら、初心者が毎日やってもケガをすることはない。

 ランニングというと、日々走るイメージがあるが、「フルマラソンに向けたトレーニングとしては、3~5kmをこまめに走るよりも、週1回長い距離を走る方が効率がいいんです」と真鍋コーチ。練習で20kmまで走っていれば、3~5kmでは得られない刺激を体に与えることができ、マラソンを走るのに近い感覚をつかむことができるのだという。

 つまり、「たまにしか走らないけど、走る時はけっこうがんばる」(真鍋コーチ)というスタイルだ。

 走ることに慣れてきて、「今週はもっと走れそう」と感じたら、ランニングを週2回に増やしてもいい。だが、その場合は故障のリスクを高めないために、休養日を挟んで、疲労をしっかり取ってから走ることが大切だ。

 「もし2日走りたいけど週末(土曜、日曜の連日)しか走れない、というときは、1日はいつも通りのランニングをして、2日目は軽めのランニングで終わりにしてください。また、週に2日走るからといって、1日に走るべき距離を2日に分ける、たとえば1日15km走るところを10kmと5kmに分ける、という走り方は、トレーニングのレベルを落とすことになるのでNGです」(真鍋コーチ)。そして、「決して週3回には増やさないこと」が鉄則だ。

つまり、ガッと走んで休む“うさぎスタイル”が正解?

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.