日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > ランの膝痛に悩み、スポーツマッサージ初体験!
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

ランの膝痛に悩み、スポーツマッサージ初体験!

第22回 左右の脚の長さが違った!…そして、そろった。

 カメ子=日経Gooday

10kmのナイトマラソンを膝の痛みでリタイアしてしまった、ヘタレランナー・カメ子。練習もできず、「また走ったら痛みが出るんじゃないか…」という不安で鬱々としていたところ、真鍋未央コーチからスポーツマッサージ体験のススメが。スポーツマッサージって、どんなところだろう? 行けば痛みは治るのだろうか?

思い出すとまだつらい、リタイアの記憶(写真:村田わかな)

 意気揚々と参加したナイトマラソンで、痛恨のリタイアを体験してから、2週間(「10kmナイトラン、まさかのリタイアで心は土砂降り」)。レース後には歩くのもつらかった左膝の痛みは、翌日の夜にはほぼ治まり、数日後にはまったく痛みを感じることなく日常生活を過ごせるまでに回復した。

 だが、もともと筋金入りのヘタレなだけに、精神的ダメージの方は後を引いた。最終目標を意識すればするほど、焦りと不安が頭を持ち上げてくる。

 「走ったらまた痛みが再発するんじゃないかな…。そうなったら、フルマラソンなんてとても無理なんじゃ…。せっかくここまでがんばってきたのに…」

 そんなネガティブ思考でいっぱいのカメ子の心中を察してか、真鍋コーチが緊急ミーティングを設定してくれた。そこで言われたのは、こんなことだった。

「トラウマになることが一番怖いんです」

 「まだ表情がすぐれませんけど、大丈夫ですか? カメ子さんの中で今回のリタイアがトラウマになってしまい、レースのときに悪いイメージが浮かんで、体が拒否反応を起こしてしまうことが一番怖いな、と思っています。今回のリタイアはアクシデントの側面が大きいので、まったくプレッシャーに感じる必要はありません。それに、何もかもが順調に進んで本番を迎えるよりも、こうした“波”があった方が、むしろ心構えができていいんですよ。失敗を教訓に成長していくランナーを私はたくさん見てきました」(真鍋コーチ)

 確かに、膝を気にすればするほど、悪い方へ悪い方へと自己暗示をかけそうになっている自分がいる。真鍋コーチと話すことで、落ち込んだ心が少し前向きになってきたカメ子。さらに、真鍋コーチはこんな提案をしてくれた。

 「一度、スポーツマッサージを受けてみてはどうですか? 膝の痛みには、筋肉のコンディション不良が影響していることが多いんです。専門のトレーナーに全身を見てもらえばそうした問題を把握できますし、意識的に補強することで故障のリスクを減らせると思います。自分では手が届かない部分の筋肉もしっかりほぐしてもらえますよ」(真鍋コーチ)

 そうか! これまで、「補強トレーニングに専念しながら、休んで回復を待つ」ことしか頭になかったカメ子。だが、膝の痛みの根本に筋肉の問題があるとしたら、いくら休んでも、走るたびに同じトラブルが起こる可能性がある。ましてやこれからどんどん距離を伸ばさなければいけないのだから、漫然と回復を待つだけでは、問題は解決しないかもしれない…。

1/5 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.