日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > ランの膝痛に悩み、スポーツマッサージ初体験!  > 3ページ
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

ランの膝痛に悩み、スポーツマッサージ初体験!

第22回 左右の脚の長さが違った!…そして、そろった。

 カメ子=日経Gooday

なるほど。スポーツマッサージと聞くと、アスリート専門のマッサージという印象があって、敷居が高く感じるのですが、実際にはどんな人が受けに来るんですか?

金子さん 確かに「スポーツ」という言葉がついているので、スポーツをする人のためのマッサージというイメージが強いかもしれませんね。実際、当院のお客さんはランナーの比率が非常に高いです。

 でも基本的には、どなたが受けてもOKなんですよ。誰でも毎日、全身の筋肉を使って生活していますから、使い方によっては張りや凝りが生じます。普段特に運動をしていなくて、肩凝りや腰痛に悩んで来られる方もたくさんいます。アスリートであってもなくても、筋肉の状態をみて整える、という点で施術側のとらえ方は同じなんです。

そうなんですね。ちょっと安心しました。スポーツマッサージを受けにくるランナーの悩みで多いのはどんなものですか?

金子さん 一番多いのが、ケガや痛みです。それをきっかけに来院して、その後もメンテナンスのために継続して通ってくれる方が多いですね。ちなみに初心者にトラブルが出やすい部位は膝と股関節です。体を使いすぎると、まず一番弱いところに痛みが出てきます。それが膝関節と股関節なんです。

まさに私のようなケースですね(^^;) 特定の部位の痛みに悩んで来院した場合、スポーツマッサージではどのようなことをしてくれるのですか?

スポーツ経験が豊富でマラソン大会事情にも詳しく、ウエアや給水のアドバイスまでしてくれるという金子さん。頼もしい存在だが、実はご自身は「インドア派」とのこと(!)

金子さん まずは痛みを取り除く方法を考えます。一切走るのをやめて経過をみるのか、軽く走り続けながらストレッチを入念にするのか、といったおおまかな方向性ですね。これは、痛みの特徴(痛みの出るタイミングなど)や、触ってみて熱感や腫れがあるかどうか、といった点から判断します。

 それから、全身の筋肉をほぐしながら、筋肉の付き方、左右差、張り具合などを確かめ、痛みの原因を探ります。筋肉の張りを見つけると、その人の仕事や普段やっているスポーツ、痛む場所などの情報と組み合わせながら、どういう動きをした結果、その部位の張りにつながっているのかを想像します。そして、その張りが痛みにどうつながっているのかを考えるわけです。

 例えば、カメ子さんは左膝の外側が痛いんですよね。そして、普段からランニングフォームで右膝が内側に入ってしまっていると指摘されている。となるとおそらく、右脚にかかった力が逃げてしまい、その分左脚に負荷がかかって左の膝の痛みにつながっているのではないかなと想像します。あとで実際に見せてもらいますが、おそらく脚の筋肉に左右差があるのではないかと思います。

な、なるほど…(すごい!)。痛みの原因が分かったら、次はどうするのですか?

金子さん 痛みの原因で多いのは、筋力の弱さや、形(アライメント)の崩れです。施術ではまず全身の張りをほぐすことで、筋肉の形を整えます。その後、足りない筋力を補強するためのメニューやトレーニング量の調整、フォーム改善のポイントなどをアドバイスします。特定のコーチについている方の場合は、コーチと連絡を取って直接対処法をご提案することもありますよ。

 こうしたアプローチは一見「回り道」のようにも見えますが、痛みの根本を改善することが、「痛みを悪化させない」「繰り返さない」ためには必要不可欠なんです。痛くなったらしばらく休んでなんとなく良くなり、「だましだまし」走っているうちにさらに痛くなった…というサイクルを繰り返すうちに、走り続けられなくなってしまったランナーはたくさんいますからね。

(ドキッ)身につまされます…!

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.