日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > 10kmナイトラン、痛恨のリタイアで心は土砂降り  > 2ページ目

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

10kmナイトラン、痛恨のリタイアで心は土砂降り

第21回 5km過ぎで膝の痛みが…

 カメ子=日経Gooday

いざスタート! 東京湾の夜景がきれい!

 日没が近づくにつれて、仕事帰りとおぼしきスーツ姿の参加者も続々とつめかけ、いよいよ会場が盛り上がってきた。もうすぐ19時半。第1ウェーブ(最初にスタートする集団)がスタートする時間だ。主催者の掛け声に合わせて皆でカウントダウンをして、お祭り気分が盛り上がる。

 カメ子も防寒のため直前まで羽織っていたレインコートを脱ぎ、自分が走る第3ウェーブ(時間差で3番目にスタートする集団)のスタートに備える。暗がりの中、蛍光色のウエアや発光するブレスレットを身につけているランナーが目立つ。なるほど! 私も持ってくればよかった!

 「制限時間が75分なので、練習同様、1キロ7分30秒以内のペースをキープしていきましょう。暗いので、いつもと感覚が違うと思いますが、落ち着いて。途中にある、往復約2.5kmの長い一本道のサイクリングロードが、精神的にちょっときついと思いますが、がんばりましょう」(真鍋コーチ)

 「はい!よろしくお願いします!」(カメ子)

スタートに向けて盛り上がる会場。張り切って行ってきます!
スタートに向けて盛り上がる会場。張り切って行ってきます!
スタートに向けて盛り上がる会場。張り切って行ってきます!

 19時36分。いよいよ、カメ子たちの第3ウェーブもスタートを切った。スタートするやいなや、目の前に東京湾が広がり、屋形船の灯りが水面に輝いている。背景にはライトアップされた東京ディズニーリゾート。「うわあ、ステキ!」と一気にイベント気分が盛り上がるカメ子。金曜日の夜、仕事帰りに夜景を見ながら走るって、なんておしゃれなの。涼しくて、夜風が気持ちいい! 気分は高まり、7分10秒/kmくらいのやや速めのペースで、快調に走る。

 ただ、足元はかなり暗い。場所によっては街灯が少なく真っ暗に近いエリアもあり、前を走る人の姿もシルエットでしか見えない。前方が見渡せないため、距離感がつかめず、自分のペースもよくわからなくなる。なんとも不思議な感覚だ。集団で走っていたため、前方にある車よけのポールが直前まで視界に入らず、ぶつかってしまうランナーもいた。

 駅伝のときは5kmということもあり、皆恐ろしく速いペースだったが、今回は、それほど速くないみたい…と思っていたのもつかの間、数分遅れでスタートした5kmの部の高速ランナーが、あっという間に抜き去っていく。カメ子は7分10秒/km前後の速さを維持しながら、マイペースで走る。

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.