日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > 10kmナイトラン、痛恨のリタイアで心は土砂降り
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

10kmナイトラン、痛恨のリタイアで心は土砂降り

第21回 5km過ぎで膝の痛みが…

 カメ子=日経Gooday

 真鍋未央コーチの指導の下、坂道ありの10kmコースを7分30秒/kmを切るペースで走破し、ナイトマラソンへの準備も万端整ったかにみえたヘタレランナー・カメ子。だが、迎えたレース当日は、朝から土砂降り。夜にはなんとか持ち直し、無事にスタートを切ったものの、レース中盤、思わぬアクシデントが待っていた。

 いよいよやってきた、「葛西臨海公園ナイトマラソン」。東京湾に面した緑豊かな公園で、金曜日の19時30分にスタートする、都会の夜のマラソン大会だ。

 前回の指導日に、アップダウンのある10kmのコースを、レースの制限時間(75分)以内に走り抜くことができたカメ子(「初めての公道10km、苦手な坂道に挑む!」)。その後の自主トレでは、蒸し暑い日が続いて思うように走れず、5.5km(7分40秒/km)、4km(7分31秒/km)、7km(7分38秒/km)…という状況。10kmには至らず、ペースも目標をやや下回ってしまったが、これまで3回も走れている10km。レースになればアドレナリンも出て、涼しい夜の時間であれば、きっと走れるはず!

レース当日は朝から土砂降り

 ところが当日。蓋を開けてみると、朝からバケツをひっくり返したような豪雨が…! 多少の雨は覚悟していたが、大雨洪水注意報が出るほどの激しい降りを前に、さすがに気分も萎えてきた。

 今日は無理かなあ…。

 だが、カメ子の執念が通じたのだろうか(?)、午後になると雨もピークを越え、時折小雨がぱらつく不安定な空模様ながらも、なんとか走れそうな雰囲気になってきた。大会ホームページをチェックすると、予定通り開催するとある。よかった!

大観覧車の下でウォームアップ。日没後にライトアップされるのが楽しみ!
[画像のクリックで拡大表示]

 レースの1時間半前に現地の公園で真鍋コーチと合流し、早速ウォームアップ。いつものように談笑してリラックスムードなのはいいのだが、これからレースに出るという実感が全くわいてこないカメ子。

 思えば、初めてのレース(こちら)は、コーチの急病により突然の“ぼっち参戦”になり、「いっそのこと私も倒れてしまいたい…(泣)」と思うほどビビりまくりでの参加だった。読者ランナーの方々と走った駅伝(こちら)は、「タスキをつながなければ」「順位をなるべく落とさないように」というプレッシャーから、気合いが入りすぎ、最後は血の味を噛みしめながらの全力疾走だった。

 それらと比べると今回は、隣には真鍋コーチがいてくれて、誰にも迷惑をかけずに自分のペースで走れる。10kmは練習で3回走れているから、距離に対する不安もない。しかも、雨が降ったために、肌寒いくらいの気温条件。この時期にしては貴重な涼しさの中を走れるとあって、もしかして自己ベストを出せちゃうんじゃないの?くらいの気持ちの余裕があったのだ。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
余裕の表情で「イエーイ」。コースと給水ポイントをチェックして…。

1/6 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.