日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > 初めての公道10km、苦手な坂道に挑む!  > 4ページ目
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

初めての公道10km、苦手な坂道に挑む!

第20回 夏のナイトラン参戦に向けて準備万端?

 カメ子=日経Gooday

 「カメ子さん、がんばりましたね! タイムも素晴らしいし、あれだけ長く走っても最初から最後まで安定していて、ペースもフォームも崩れていませんでしたよ。だいぶ、自分の走りがつかめてきたんじゃないですか?」(真鍋コーチ)

 確かに、今日は後半に入っても疲れて上体が崩れてくることがなく、まっすぐキープできていた気がする。10kmという距離が、少しずつ、自分にとって無理のない距離に変わってきたのかもしれない。しかも坂道で減速しても平均7分20秒/kmで走れたというのがうれしい。この調子なら、制限時間1時間15分のレースもなんとかなりそうだ。

 「これで10kmレースは大丈夫ですね! 当日もこの調子でがんばりましょう!」

 「はい!」

「がんばって!」「は、はい!」
[画像のクリックで拡大表示]

 真鍋コーチの激励に力強く返事をして、大満足で家路についたカメ子。この時はまだ、レース本番で思わぬアクシデントが待っているとは、知る由もなかった…(次回「10kmナイトラン、痛恨のリタイアで心は土砂降り」に続く)。

(写真:村田わかな)

(衣裳協力:ダンスキン/ゴールドウイン〔カメ子着用:NON STRESS Tシャツ 4300円、ショートパンツ 6000円、C3fitパフォーマンスロングタイツ 9500円、以上すべて税別〕)

距離が伸びてきたら、機能性タイツに挑戦!

 まとまった距離を走れるようになってきたら、試してみたいのがランニング用の機能性タイツだ。実はカメ子も、最初はサポート機能のない、吸汗・速乾性に優れた柔らかいタイツでトレーニングを始めたが、距離が伸びてきたことに伴い、第18回から機能性タイツ(ゴールドウイン・C3fit)に挑戦している。

 きつくてはきにくいイメージもある機能性タイツだが、どんな機能があり、何を基準に選べばいいのだろうか。株式会社ゴールドウイン ゴールドウイン事業部 C3fitチームの宮内聡子さんに聞いた。

機能性タイツを履くだけでいっぱしのランナーになった気がしている私ですが、そもそも機能性タイツにはどんな役割があるのでしょうか?

ゴールドウインの宮内聡子さん。今回カメ子が穿いたC3fit「パフォーマンスロングタイツ」は段階着圧設計による血行促進機能が特徴。

宮内さん ランニング用の機能性タイツには、様々な機能がありますが、大きく2つの役割があります。1つは、走行距離が長くなるにしたがって負担のかかる膝と腰の筋肉をサポートすること。もう1つは、着圧設計により筋肉のブレを抑え、足運びを快適にすることです。

初心者ランナーにはどちらのタイプが適していますか?

宮内さん 初心者だからどちらがいい、ということはありません。その人が抱えている悩みや目的、好みに応じて選んでいただければいいと思います。例えば、膝や腰のケガをしたことがある人、フルマラソン完走に向けて下半身の筋力に不安があり、サポートがほしいと感じる人は、サポート機能重視のタイプが向いているでしょう。脚がきちんとできている人の場合は、膝上までのハーフ丈を選んで腰回りの安定だけを求める人も多いですね。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.