日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > 「10kmの壁」なんてものはない!  > 2ページ目
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

「10kmの壁」なんてものはない!

第19回 自己暗示をかけて12kmランに成功

 カメ子=日経Gooday

 10kmランに成功してから気づけば約1カ月。フルマラソンの距離は10kmの4倍以上もあるのに、またしても足踏み状態が続いている。10kmの壁は厚い。先は長いなあ…。

 つい弱気になるカメ子を、この企画にウエアを提供してくれているダンスキンの担当Mさんが、こんな風に激励してくれた。

「壁を作っているのは自分自身。本当はもっと走れるはず!」

 「『壁』と呼ぶことで、自分の中に限界を設定してしまっていませんか? 10kmという距離は、これまで積み重ねてきたトレーニングの単なる通過点じゃないですか。壁だと思って意識すると、体も自然と硬くなって脚が止まってしまいます。節目の数字にこだわらずに、まだ行ける、まだ行けると信じて走ってみたらどうでしょう。ダメかな、と思った後でも意外に力は残っているものですよ。あとは気持ちの持ち方次第です!」

 そ、そうか…! 壁を作っているのは自分自身だ、というMさんの言葉に、背中から甲羅が…ではなく、目からウロコが落ちるカメ子。確かにそうかもしれない。よし、次は無心でがんばってみよう。

 そんな気合いのもと、迎えた次の週の自主トレ。

 この日は、十分に睡眠をとり、体調も万全。気温も下がって空気はカラッと乾燥し、走るための好条件がそろっていた。いつものように7分40~50秒/kmくらいのペースを保ちながら、2km、3kmと順調に距離を伸ばしていく。前回、真鍋コーチに指導されたフォームのポイント、「腕振りで肘をしっかり引くこと(前に出しすぎないこと)」と「体幹をクシャッと曲げずにピンと保つこと」(詳しくは「8kmラン+スピード走でトレーニングも『夏仕様』」)に意識を集中して走る。

 暑さでバテてしまった前回とは違い、今日は涼しい空気が味方をしてくれた。順調なペースで距離を伸ばし、1時間が経過。さらに10分ほど走り、時計を見ると、9kmに到達していた。おおっ久しぶりの9km! うれしい半面、8kmを超えて走れたのは久しぶりなので、さすがに全身が疲れてきたのを感じる。「十分がんばったから、今日は(も)10kmでいいかな…」。そんな思いが頭をよぎる。

 いやいやいや、壁はない! その先まで行ける!

 Mさんの言葉を思い出し、「壁はない…まだ行ける…」と呪文のように唱えながら、ひたすら無心で走り続けるカメ子。その結果…

 なんとか12kmまで走ることができました! \(≧∇≦)/

 タイムは1時間34分02秒。平均ペースはなんと、この距離を走っても7分50秒/kmと、8分を切ることができた。すごい…!! 気持ちの持ち方次第で、距離ってこんな風に伸びるものなんだ。単純なカメ子は、Mさんの暗示のおかげで久々に大きな達成感を味わうことができたのだった。ただ、体は正直。初めて走る距離だっただけに、その後はぐったり疲れてしまった。

第33週から37週までの自主トレ記録
第33週から37週までの自主トレ記録
[画像のクリックで拡大表示]

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.