日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > 「10kmの壁」なんてものはない!
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

「10kmの壁」なんてものはない!

第19回 自己暗示をかけて12kmランに成功

 カメ子=日経Gooday

本格的な夏の到来を前に、夏トレの基本を学んだカメ子。真夏は距離を無理に伸ばそうとしなくてもいいとはいうものの、秋~冬のフルマラソン参戦を見据えて、今の段階で何か1つ達成感を味わっておきたい。そんなカメ子に真鍋コーチが提案してくれたものとは…?

 真鍋未央コーチによる指導の下、夏のトレーニングのポイントを学んだ前回(「夏ランの前に補強トレの新メニューをマスター!」「8kmラン+スピード走でトレーニングも『夏仕様』」)。真夏は距離を伸ばすことに固執しなくてもいいとはいうものの、涼しくなるのを待っていたら、あっという間にランニングシーズンがやってきてしまう。秋のハーフマラソン、秋~冬のフルマラソン参戦を見据えて、今の段階で何か1つ達成感を味わっておきたい気もする。

 そんなカメ子の胸中を察してか、真鍋コーチがこんな提案をしてくれた。

 「10kmのナイトランの大会に出てみるなんてどうですか? 昼間は暑くて思うように走れなくても、夜なら涼しいので距離も伸ばせますし、夜景を見ながら独特の雰囲気を楽しめます。レース経験を積む意味もありますが、真夏の練習の一つの選択肢、という感覚で検討してみてもいいと思いますよ」

 ナイトラン!

 調べてみると、金曜日の夜に、部分的にライトアップされた公園の中を走る大会のようだ。仕事帰りに夜の公園を走るなんて、なんだか都会のランナーっぽくってかっこいい~! 会場は海沿いなので風もあり、暑くて思うように走れないストレスも解消できるかもしれない。なにより、10kmならもう走れたし(1回だけだけど)!

 「走ってみたいです!」

 3kmでも腰が引けまくっていた初レース(詳しくは「暴走?迷走? まさかの“ぼっち参戦”で初レースに挑んだ結果」)のときとは打って変わって、即答するカメ子。身近な目標ができれば、自主トレにも力が入るというものだ。

なかなか破れない「10kmの壁」

 「次回、ナイトラン前の指導日には、夕方の涼しい時間帯を選んで、いつもの公園の周回コースではなく、アップダウンのある公道を10km走ってみましょう。それまでの間、暑さや体調と相談しながら、5~10kmを目安に無理せずトレーニングを続けてください」(真鍋コーチ)

 そうアドバイスを受けてから、1カ月の自主トレは、以下のような感じで進んだ。

 指導日直後は、張り切って同じ週の半ばにランニングの時間をとってみた。だが、この日の最高気温は、さらに上がって28℃。じりじりと照りつける太陽を避けるように木陰を求めて走ったものの、汗が吹き出し、いつものように走っているつもりなのに、思うように足が前に出ない。あれ、いくらカメ(子)とはいえ、私ってこんなに走るの遅かったっけ…? これが、夏のランニングというものか。まだ体が暑さに慣れていないだけに、つらい…。

 結局、この日は10kmどころか5.7kmで息が上がってつらくなり、歩いてしまった。ここのところ、走るペースが当初の8分~8分30秒/kmから徐々に速くなり、7分台後半に上がってきていたのだが、この日は8分/kmをオーバーするスローペースで終わった。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.