日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > 8kmラン+スピード走でトレーニングも「夏仕様」  > 2ページ目

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

8kmラン+スピード走でトレーニングも「夏仕様」

第18回 夏のランニングは距離にこだわらない!【後編】

 カメ子=日経Gooday

 3つ目が、背筋をまっすぐ伸ばす。こと。「丹田(おへそのすぐ下)にぐっと力を入れて、気持ち前傾を心掛けましょう」(真鍋コーチ)。このとき、背筋がぐにゃっと曲がってしまうと、空気の抜けたボールのようになり、着地の衝撃を受けるたびに腰が沈んでしまう。確かにカメ子の走りを写真で見ると、真鍋コーチと違って、腰が沈んでいるのが一目で分かる。体幹の筋力がまだ足りないのだろう。

 「自分の体が『空気の入った弾力のあるボール』になったイメージで、首からおへそまでをピンと伸ばしましょう。『洗濯物を干す時に、くしゃくしゃのタオルをぴんと伸ばすイメージ』を持つといいかもしれません」(真鍋コーチ)。

 以前からコーチに「体が斜め上に引っ張られるように」というアドバイスをもらっていたのだが、その感覚がいま一つつかめないままだったカメ子。だが、その表現を言い換えると、「くしゃくしゃのタオルをピンと伸ばすイメージ」なのだという。なるほど! この表現、カメ子にはとてもしっくりきた。日常生活に密着した例えだからだろうか。何か、少しつかめたような気がする。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
「以前よりはフォームが崩れにくくなって、明らかに安定してきていますよ」とのうれしい言葉も。

 フォームを徹底的に意識しながら、二度の給水を挟み、無事に8km走を終了。記録は7.96km、1時間00分22秒。目標よりも速い、7分35秒/kmで完走できたことになる。この暑さの中で、カメ子としてはなかなか上出来なペースだ。 とはいえ、かなり汗をかき、消耗している。

仕上げはスピード走とウインドスプリント

 8kmを走り切り、水分を補給して2~3分休憩したところで、引き続き500mのスピード走に初めて挑戦した。いつもよりペースを速めて、6分30秒/kmのペースで走る。8km走ったあとの500mならあっという間かな、と思ったが、これが、きつかった! 隣を走りながら 「100m…200m…」と距離を告げるコーチ。長い…。500mってこんなに長かったっけ?

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.