日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > 人生初! 自主トレで10km走れた  > 3ページ
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

人生初! 自主トレで10km走れた

第17回 ビールと桜と晴れやかな朝、そしてコーチに感謝!

 カメ子=日経Gooday

桜に誘われ、人生初の10kmラン!

 桜の季節はとにかく走ることに幸せを感じ、アドレナリンが放出されていたようだ。実は、この「夜桜ラン」の数日後、平日にもかかわらず、「青空の下、満開の桜並木を眺めながら走りたい!!」という一心で、普段は絶対にやらない早朝ランに挑戦した。朝の爽やかな空気を吸いながら、咲き誇る桜を眺めながら走ると、あまりの気持ちの良さに、頬はゆるみっぱなし。そして、この日、ついにカメ子は到達したのだ。

 人生初の10kmラン(* ̄∇ ̄*)!

 この日は、体が温まってきた1~2kmくらいから5kmあたりまでは快調で、時計をチラチラ見ることもなく、あっという間に経過。5kmを過ぎた辺りで、一瞬、リタイアの記憶が頭をよぎったものの、1km8分前後のペースを保って順調に走れているし、息も苦しくない。脚も痛くない。「まだ大丈夫!行けるところまで行こう!」とポジティブに切り替え、ランニングとはまったく関係のないことを妄想しながら、走る…。そして、自己最高タイの8kmに、ついに到達! この時点で、走り始めてから1時間5分ほどがすぎていた。

桜のおかげです。

 ん? 疲れてはいるけど、まだ余力があるみたい。これ、10kmいけちゃうかな??

 まだ時間も余力もある、となれば、ここでやめるのはもったいない。「もう、いつリタイアしても、自己ベストだ!」。そう思うと一気に“攻め”の気持ちに切り替わり、結果的に、+2kmを走ることができたのだ。

 10km走り終えた時には、さすがに脚はガクガク。全身ぐったりで、このまま会社を休んでしまおうかと思ったほどだ。それでも、その疲れを上回る達成感と高揚感がたまらない! 自分の人生で、まさか10kmなんていう途方もない距離を、自分の脚で走る日が来るなんて…! ああ、感動。

 この日のタイムは1時間22分09秒。後半は少しペースが落ちたが、平均すると1km8分08秒のペースで走ることができた。カメ子は、この10kmは、まぎれもなく“桜マジック”だと思っている。つくづく、距離を伸ばすにはメンタルの状態が大事なんだな、と感じた初めての10kmランだった。

ヘタレランナーを支える3つのモチベーションとは

 これまで、「3歩進んで2歩下がる」というペースで、壁にぶち当たりながらも地道に続けてきたトレーニング。アクシデントや苦労話は尽きないが、幸いなことに、「やめたい」と思ったことは一度もない。もちろん「仕事だから」という縛りは大きいのだが、それだけでは良好なメンタルは保てない。自分なりに感じている、「走るモチベーション」は、以下の3つだ。

1. 無理のないメソッドで、コーチや仲間と励まし合いながら走るのが楽しい!

 真鍋コーチの「週1ラン+週2回の補強トレーニング」というメソッドが、体力的にも精神的にも、ヘタレな初心者にぴったりなので、無理なく取り組めているのが本当にありがたい。真鍋コーチの絶妙な手綱さばきのおかげで、弱音を吐きつつも適度な緊張感を保ち、楽しんでトレーニングを続けることができている(マンツーマンで指導していただけて、本当に贅沢ですよね…感謝、感謝)。

 加えて、ランニング仲間の存在。基本的に普段の自主トレは1人だが、「いつか一緒にレースに出よう!」という仲間との約束が、先々の楽しみになっている。もちろん、読者の方々からの励ましや冷やかし(!)の声も、心の支えになっています!

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.