日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > ついに8km完走、1時間も走り続けた自分に驚愕!
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

ついに8km完走、1時間も走り続けた自分に驚愕!

第16回 コーチ、これは完全に「部活」です!【後編】

 カメ子=日経Gooday

約2カ月半ぶりに迎えた、真鍋未央コーチの指導日。ウォームアップで怒涛の動きづくり7連発をこなし、すっかり出来上がった(疲れ果てた?)カメ子が、5kmの壁突破、そしてあわよくば8km到達に挑みます!

木漏れ日の中をコーチと走る。
[画像のクリックで拡大表示]

 ウォーミングアップの動きづくりが、ようやく終わった(「8kmランへの助走、動きづくり7連発!」)。体も十分すぎるほど温まったところで、いよいよランニングに突入だ。真鍋コーチと一緒に公園の周回コースを走り始める。

 自主トレではずっと1人で走ってきたので、誰かと並んで走るのは久しぶりだ。話し相手がいるので、1人で走るよりも気が紛れるし、少しは走力がついてきたからか、前回よりも1周(1.2km)があっという間に感じられる。ペースは、いつもの8分~8分30秒/kmのジョギングペースをしっかり維持。

 カメ子の隣で、真鍋コーチがチラチラとこちらに目を配る。

 「ある程度走ってからの方が、フォームが整ってきますね。走り初めは手が前に出すぎていましたが、だいぶ自然な腕振りになってきています。手が前に出ると、上体が後ろに反り返って推進力を失ってしまうので、肘をしっかり引くことを意識しましょう」(真鍋コーチ)

 確かに、走り始めは一番きつく感じるし、腕振りも意識しすぎて大きく前後に振りすぎてしまっているのが自分でも分かる。1~2kmほど走った頃の方が、体が温まり、走りが安定してくる感じがする。

 だが、それもつかの間。さらに1~2km走ると、今度はじわじわと疲れが襲ってくる。特に、目標とする距離の半分に満たないくらいのとき、すなわち4km手前の頃が、一番、先が長く感じられて、気持ちが萎えそうになる。

目標距離の半分に満たないあたりが一番つらい…

 「大丈夫ですか? もうすぐ5kmですよ。あまり先を考えずに。疲れてきたら、いったん脱力して、手をブラブラと振ってみましょう。周回コースだとどうしても飽きてくるので、反対周りに走るだけでも、目先が変わっていいですよ」(真鍋コーチ)

 そんなアドバイスをもらい、雑談で気を紛らわしながら、なんとか前回の自主トレで到達できなかった5kmに到達した。よし! これで最低ラインはクリアしたから、いつリタイアしても大丈夫だ! そして、まだ余力があるみたい!

 そう思ったとたん、走りが軽快になる単純なカメ子。1km8分前後のペースを保ったまま順調に走り続け、6kmを超えた時点で、ついに確信した。

 行ける。今日は、行ける。

 「コーチ、このまま8kmまでがんばれそうです!」

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.