日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > ヘタレでも完走できそうなフルマラソン大会を探そう  > 2ページ
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

ヘタレでも完走できそうなフルマラソン大会を探そう

第14回 カメ子、ついに最終ゴール設定へ

 カメ子=日経Gooday

高低差があまりないこと

 大会によっては、かなりの高低差があるコースが設定されていることもある。たとえ歩いているときはほとんど気にならないゆるやかな上り坂であっても、走るとものすごくつらい。下りは下りで脚に負担がかかり、自然とペースが上がるため、その後のペースダウンにつながりがちだ。

 限界ギリギリの力で走る初マラソンでは、体力の消耗を防ぐために、アップダウンは少ないに越したことはない。「フラットなコースといわれているつくばマラソンが高低差10mちょっと。同じく東京マラソンが15mほどですので、初心者には高低差が15mほどに収まるコースが理想ではないかと思います」(真鍋コーチ)。

暑すぎず、寒すぎないこと

 マラソン大会にベストの季節は、秋か春。「真冬はインフルエンザなどで体調管理が難しいこと、また年末年始などの行事があり、なかなか大会準備ができないことも考えられます。一方、真夏は体力を激しく消耗し、通常よりもトレーニング量が落ちてしまいますし、熱中症のリスクも高まります」(真鍋コーチ)。

 さらに、秋といっても、涼しくなってすぐに開催される大会は避けた方がいいのだそうだ。「初秋の大会に出る場合、真夏になかなか長距離を走り込めないため、準備不足で本番を迎えることになりがちです。地域にもよりますが、初マラソンで秋の大会に出る場合は、9月中は避けて、10月後半から12月末くらいまでの期間がお薦めです」(真鍋コーチ)。

 一方、春の場合は、3月から5月にかけての期間がベスト。「6月に入ってしまうと、関東以南の地域では既にフルマラソンには過酷な気温となりますので、初心者は避けた方が無難です」(真鍋コーチ)。

 大会前のトレーニングのしやすさも考慮に入れなければならないので、意外に時期の制約は大きいことを知る。そうだったのか…。

閑散としたコースは心が折れる 周回コースも避けよう

 これらの条件に加えて、大会選びにはモチベーションを保つための要素も重要なのだそう。「参加ランナーの数が多く、地元密着で沿道の応援がある大会を選ぶといいですよ。フルマラソンはメンタルの良し悪しが結果を大きく左右します。見知らぬ人に声をかけてもらうと、それだけで力がわいてきますし、逆に、誰もいない閑散としたコースを走っていると、孤独で心が折れそうになります」と真鍋コーチ。

 さらに「周回コースでない大会を選びましょう。周回コースはペース管理がしやすく、リタイアしてしまった場合にスタート地点に戻りやすいという利点がありますが、半面、単調でレースの楽しさを味わいにくく、あと〇周もあるのか、とカウントすることで気が滅入りがちです」(真鍋コーチ)。

真鍋コーチと一緒ならがんばれるはず!(写真:村田わかな)

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.