日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > ヘタレでも完走できそうなフルマラソン大会を探そう
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

ヘタレでも完走できそうなフルマラソン大会を探そう

第14回 カメ子、ついに最終ゴール設定へ

 カメ子=日経Gooday

 記念すべき初レースを無事完走した、ヘタレランナー・カメ子。ランナーとしての自覚も芽生え(?)、勢いがついたところで、いよいよ「ゴール設定」が現実味を帯びてきた。そう、カメ子の最終目標は、「フルマラソン完走」。いつ、どの大会に出場すればいいのか? 右も左も分からない初心者ランナーが、大会選びのイロハを真鍋コーチに聞いてみた。

 初レースを無事完走して(詳しくは前回記事「暴走?迷走? まさかの“ぼっち参戦”で初レースに挑んだ結果」)、一息ついたカメ子。ランナーのはしくれとして、トレーニングにも弾みをつけたいところだが、同時に、そろそろ検討しなければならない課題があった。そう、「ゴール設定」だ。

 連載タイトルにもある通り、カメ子の最終目標は「フルマラソン完走」(ついつい忘れてしまう…いや、わざと忘れようとしているが…)。42.195kmという、3kmの約14倍(ひえ~)、5kmの約8.5倍(ひええ~)の距離を走らなければ、この企画のゴールとみなされないのだ。

 最終ゴールを設定するということは、退路を断つということ。まだやっとトレーニングで5kmに到達したばかりのカメ子としては、もう少し走力をつけて、ある程度(せめてハーフマラソンを完走できる程度)の自信がついた段階でフルマラソンにエントリーしたいと考えていた。でも、そうは問屋が卸さない。

 「最近はランニングブームで、大規模な大会は半年くらい前にエントリーが始まり、あっという間に埋まってしまうんですよ。人気のある大会は抽選の倍率も高くて、プラチナチケットのようになっている大会も少なくないんです。カメ子さんもそろそろ、大会選びを始めましょう」(真鍋コーチ)

 なんと!!

 そんな先の予定を早々と立てなければならないのか。ううっ、ランニングブーム、恐るべし。であれば、とりあえず、大会をリサーチしなければ。

初心者におすすめは制限時間6時間以上でフラットなコース

 真鍋コーチによると、初心者が完走しやすいフルマラソン大会の条件は


  1. 制限タイムが長いこと(6時間以上)

  2. コースの高低差が少ないこと

  3. 暑すぎず、寒すぎないこと(春や秋の大会がベスト)

…の3つ。それぞれについて、詳しく話を聞いてみた。

制限タイムが長いこと

 カメ子がフルマラソン完走のために目指しているペースは、8分~8分30秒/km。仮に8分で完走したとすると、所要時間は5時間36分ほどだ。8分30秒の場合は、ほぼ6時間ジャストとなる。途中、ペースが落ちたり歩いてしまったりする可能性も考えると、制限タイムは6時間以上あった方が安心だ。

 ちなみに、かの有名なホノルルマラソンは、「制限タイムなし」という初心者ランナーにとって夢のような太っ腹の大会だ(恐らく、国内で制限タイムのないフルマラソン大会はないのではないだろうか)。カメ子もあわよくばホノルルの空の下、感動のゴールを迎えたかったのだが、「行ってもいいよ、自腹なら」(ドS編集長)とのことで、あえなく却下…(泣)。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.