日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > 暴走?迷走? まさかの“ぼっち参戦”で初レースに挑んだ結果
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

暴走?迷走? まさかの“ぼっち参戦”で初レースに挑んだ結果

第13回 谷川真理ハーフマラソン3kmの部に参加

 カメ子=日経Gooday

初めてのレース(注:3km)参加を前に、日に日に緊張が高まっていたヘタレランナー・カメ子。完走間違いなし、と真鍋未央コーチに太鼓判を押してもらったものの、前日になって突然、コーチが発熱でダウンしたとの連絡が。初めてのレースが急転直下、まさかの“ぼっち参戦”に! どうなる、カメ子!?

 記念すべき、人生初レース当日の朝。数日前までの寒波がうそのように去り、風もなく、空は穏やかに晴れわたっていた。コートを着ていれば全く寒さを感じないばかりか、少し体を動かせば、コートを脱ぎたくなるくらいの体感気温。そう、今日は絶好のマラソン日和!

 真鍋未央コーチという精神的支柱を土壇場で欠いてしまい(詳しくは前回記事「初レース参加直前、思わぬアクシデントが」参照)、すっかりヘタレモード全開になっていたカメ子だったが、ここまできたら、腹をくくって走るしかない。「サポートしたかった、本当に(;_;)」と残念がる真鍋コーチに、無事完走の知らせを届けたい!

 緊張が一段と高まる中、スタートの約1時間前の8:30に会場入りします。

「第16回谷川真理ハーフマラソン」のゴールゲート。青空がまぶしい!
[画像のクリックで拡大表示]

ゼッケンとICチップを着けてスタート地点に集合すればOK

 今回参加したのは、「第16回谷川真理ハーフマラソン」。およそ1万人のランナーが荒川の河川敷を駆け抜ける、国内でも屈指の人気を誇るハーフマラソン大会だ。カメ子はこの大会の3kmの部にエントリーした。メインとなるハーフマラソンの前に、河川敷の平坦な一本道を上流に向かい、途中で折り返してスタート地点に戻ってくるコースだ。

 この大会では、荷物を預けるランナー以外は、当日の受付は必要なく、事前に送付されたゼッケンとICチップを装着して、スタート時間に合わせてスタート地点に集合するだけ。スタート時とゴール時に、コース上に設置された計測マットを踏めば、自動的に順位やタイムを記録してくれるハイテクレースなので、運営はとてもスムーズだ。

シューズに装着したICチップ付きのタグ。スタート時とゴール時に計測マットを踏むことでタイムが記録される。
[画像のクリックで拡大表示]
日経Gooday「企業対抗駅伝 2015 東京大会」(5/16)参戦
読者ランナー大募集中!

日経Goodayでは、読者ランナーの方々と一緒に、「企業対抗駅伝 2015 東京大会」(5月16日開催/荒川四木橋緑地)に参戦します。現在、読者ランナーを大募集中です!

1人が走る距離は2kmか5km。ビギナーにとってもお手軽な距離。本連載でもお馴染みの、ランニングアドバイザー真鍋未央さんもチームの一員として参加します。ぜひ、奮ってご応募ください!

◆読者ランナーの申し込みページはこちら
◆「企業対抗駅伝参戦!連動企画」はこちら
◆「企業対抗駅伝 2015」のホームページはこちら

1/5 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.