日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > ヘタレランナー・カメ子、42.195kmを走り切る
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

ヘタレランナー・カメ子、42.195kmを走り切る

最終回 もう脚が動かない…それでもゴールへ!【東京マラソン:後編】

 カメ子=日経Gooday

ついに迎えた東京マラソン当日。大会の盛り上がりと温かい応援に後押しされ、なんとか前半を走り切ったヘタレランナー・カメ子。ここから先の21kmは、完全なる未知の世界。いったいどんなことになるのだろうか…。

 沿道に居合わせた人からチョコをもらい(詳しくは前回記事「ヘタレランナー、ついに憧れの東京マラソンを走る」)、パワーを取り戻したカメ子。勢いよく有楽町のガードをくぐって銀座四丁目の交差点を曲がり、高級店の立ち並ぶ中央通りに入った。さすが銀座。たくさんのランナーたちを迎え、ひときわ華々しい雰囲気に満ちている(東京マラソンのコースマップは、大会ホームページ参照)。

 ここでまた、スタンバイしてくれていた家族・友人を見つける。「〇〇まで行けば、応援の××に会える」「その次は、3km先にカメラマンがいる」…そんな風に、小刻みに「会いたい人たち」が待っていてくれると、頑張ろう、という気力がわいてくる。ありがたい。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
銀座に到着! 家族・友人の姿を見つけ、笑顔。ここまで走ってきてよかったと思える瞬間。
22km地点の給食。アンパンが美味しい。
[画像のクリックで拡大表示]

 22km過ぎの給水所で、あんぱんの給食を発見! 東京マラソンでは、コース上、計5カ所にパンやバナナ、チョコレートなどが用意されており、基本的には必ず立ち寄って食べていた。給水所も計15カ所と充実しており、5kmごとのポカリスエットは必ず補給。

 このほか、沿道からもチョコレートコーラワイン(!)など、至る所で差し入れが。後半になると、疲れた脚に吹き付ける消炎鎮痛剤のスプレーを手に持ってランナーに貸してくれる人も何人も見かけた。皆、どうしてこんなに親切なのだろう? 大会全体を包み込むホスピタリティに感動する。

23km。脚が、重い…

 お祭り気分の盛り上がる銀座~日本橋エリアを抜けると、23km地点。ここからは、浅草・雷門の折り返し地点(28km手前)を目指し、ひたすら北上していく。

 脚が…重い…。

 気持ちは元気で、どんどん前に進みたいのに、脚だけがついてこない。極度の疲労からか、脚の筋肉が硬くこわばってしまい、うまく動かせないのだ。小さな橋のゆるやかな上りでも、脚に堪える。下りはもっとつらい。真鍋コーチの勧めでアップダウンは歩くことにするが、一度歩いてしまうと、走り出すときに脚が硬直していて、思わず「うっ…」と声が出る。

 「大丈夫か?まだ時間の余裕はあるから、ゆっくりでいいぞ」(ドS編集長)

 そう言うドS編集長も初マラソンのはずだが、走り方を見ると、余裕たっぷり。カメ子とは鍛え方が全然違うらしい。

歩くときはできるだけ大股で、一歩一歩、脚をストレッチする感覚で進むといいですよ」(真鍋コーチ)

 そんなアドバイスをもらいながら、ひたすら前を目指す。ようやく25km関門(25.0km)が見えてきた。この日初めて、ヘロヘロになりながらの通過。通過タイムは3時間38分24秒(ネットタイムは3時間23分04秒*1)。関門制限タイム(4時間03分)の約25分前だ。

*1 ネットタイムとは、スタートの号砲後、そのランナーが実際にスタートラインを超えた時点から計測されたタイム。

1/7 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.