日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > ヘタレランナー・カメ子、42.195kmを走り切る  > 2ページ

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

ヘタレランナー・カメ子、42.195kmを走り切る

最終回 もう脚が動かない…それでもゴールへ!【東京マラソン:後編】

 カメ子=日経Gooday

 この25km関門までの直近5kmは、9分30秒/kmというスローペースになっていた。ストレッチのために立ち止まったこともあり、一気に減速している。関門の先には、途中棄権したり、関門制限時刻に間に合わなかったランナーをフィニッシュ地点まで運ぶ、黄色いバスが待機している。いかん、あれは、見ちゃいかん…。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
苦しそうな表情で25km関門通過。途中棄権のランナーを収容する黄色いバスの姿にビビる。

地面に寝転がってのストレッチで少し楽に

 25km関門の少し先の給水所の辺りで、また脚が動かなくなってきた。ストレッチをするために道の脇に移動すると、

 「寝転がってストレッチしましょうか?」と真鍋コーチ。

 「え?」(カメ子)

 一瞬躊躇するも、ありがたくやってもらうことにした。道路にゴロリと仰向けになり、真鍋コーチにゆっくりゆっくり脚を持ち上げ、曲げ伸ばしをしてもらう。がんばれ、元気出せ、私の脚…。

 「カメ子さん、脚、相当疲れてますね。膝がプルプル震えてますよ」(真鍋コーチ)

 「それってまさに『膝が笑う』ですね~(笑)」(カメ子)

 そんな会話を交わしながら、深呼吸を繰り返す。

25km過ぎ、道路に寝転がってのストレッチ。救護スタッフの方に「大丈夫ですか?無理しないでください」と声を掛けられる。
[画像のクリックで拡大表示]

 ストレッチの効果はてきめんだった。立ち上がり、歩き出すと、脚がスムーズに動くようになっている。さっきよりもはるかに脚が軽い。だが、走り出そうとすると、やはり一歩一歩がつらい。先を行くコーチに「ちょ、ちょっと待って…」と追いすがりながら、ゆっくりゆっくり時間をかけ、ジョギングに移行する。

 浅草まであと2km。折り返せば精神的にはだいぶ楽になるはず。とにかく、浅草の折り返しを目指してがんばろう。

ドS元編集長、初めての雷門に喜ぶ。

 ノロノロながらもなんとか走り続け、ついに雷門に到着したとき、ドS編集長から意外な一言が飛び出した。

 「これが雷門か~。初めて来たよ」(ドS編集長)

 「えっ?! ちょっと、東京に何年住んでるんですか?」(カメ子)

 …ということで、ドS編集長、人生初の雷門の前で記念撮影。

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.